新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

138Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
俺もイケメンの影武者雇って、「美しすぎる会長」でデビューする〜w
才能の掛け算をするときに、「美」をかけることは効果的ではあります。

例えば、モデルなどの「美」がとても大きな割合を締める分野で勝負をするときには、1000人に1人、10000人に1人の「美」がベースで必要で、それに他の何かをかけていくことが求められてきますが、

モデルなどの分野以外で、
「◯◯」×「美」とするときに必要な「美」は100人に1人であっても、とても効果的に働きます。

しかし、「美」をかけることはスタートダッシュにはよいですが、

時間経過とともに衰えるものですし、

少し時間が経ってくると、「◯◯」の方がしっかりしていないと、

結局は「美」を売っていて、「◯◯」はイマイチだなという印象を植え付けてしまいます。

「美」の方に惹かれてくるお客さんを本来の「◯◯」のファンにできるくらいの力がないと、

どんどん「美」目的のお客さんが多くなり、本来提供したいものからずれていくこともあります。

けれども、小松さんの場合は本来の「アート」がものすごく魅力的です。

自分は小松さんの作品をたまたま見て、どんな人が描いてるんだろう?となりましたし、

その流れの人も多いでしょう。

最初のスタートダッシュには「美」がかけられていますが、この記事からも分かるように「アート」へ想いがとても強く素敵なので、自然と枕詞はぬけていくのではないでしょうか。
猪子さんが亀山さんを口説いたメディチ家詐欺の話が面白いです笑

昔から富裕層がパトロンとなり芸術を支えてきた構造があった。それが、少しづつ一般大衆とアートの距離も近くなってきてるんだろうな・・今ではクラウドファンディングで気軽に支援できるわけだし。

富裕層だけの遊びを一般大衆でも参加できるようにする・・・そのための収益モデルやPR方法を変えるという仕掛けは、まだまだできそうですね!
「もちろん、いちばんに見ていただきたいのは作品です。でも自分が生きているうちは、小松美羽がどんなアーティストかということを自分で動いて発信したいと思っています。自分が死んだら、後世の人は作品を勝手に解釈するわけですから。」(記事引用)

アーティストなどの表現者は「作品」をもつ。たとえば、朝日新聞掲載の吉田修一の連載小説『国宝』に、わがまま放題で暴君然とした映画監督が登場するが、どれほど理不尽な人物でも、名作をものにすれば名監督と称賛される。

でも、アーティストでない人もすべて、自分の人生という「作品」を生きている。長い時間をかけて創造する「究極の作品」である人生に比べれば、表現者として創り出したどのような作品も、言ってみれば人生の一断面、ライフストーリーのひとつのエピソードに過ぎない。

そういう意味で、小松美羽さんが本記事の中で、「私は、アート作品が見た人の魂の救済になればいいなと考えているので、はじめはビジネスツールとして買ったとしても、結果的にその人の魂を浄化するような働きができればうれしいです。」と語っていることに注目した。

他者の魂を救済し浄化するためには、まず自己の魂がピュアでなければならない。同時に、他者の魂を救済し浄化することで、自己の魂も救済され浄化される。他者との渾身の関わりを通して、アーティストも、そうでない人も、人生という「究極の作品」を成就していくのかもしれない。
①どのようにパトロンを口説くか→猪子氏のエピソード
②どのように自身や作品を社会に紹介するか→高橋氏のエピソード
③作品を通じて、何を提供したいか?→小松氏の↓お考え

「それに私は、アート作品が見た人の魂の救済になればいいなと考えているので、はじめはビジネスツールとして買ったとしても、結果的にその人の魂を浄化するような働きができればうれしいです。」

こう考えると、ビジネスとの距離感、縮まりますね。
それにしても、魂の救済… かなり思想強い提供価値に感じますね。宗教、信仰心、に近しい感覚なのでしょうか。
「亀ちゃんをメディチ家にしてあげるよ!」といった猪子さんは東大にいった理由も「営業につかえるからね!」と仰ってましたね。茂木さんや猪子さんのように卓越したユーモアと卓越した頭脳を持ち合わせた人が科学、芸術、工学など狭く、マニアックな世界を民主化し、世の中を面白くしてくれる。
メディチ家ねぇ。
この連載について
DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく対談企画。