新着Pick
656Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
こうなってきたときに、フィジカルに集まってAR的にやるのと、移動せずにVR的にやるのと、どちらの方が良いのかも気になるところです。そういうところから、働き方の本質が見えてきそうな気がします。
物の持ち運びも減り、かつ共同作業も誰がどこにいてもスムーズに行えれば、移動の無駄も減るので楽しみです。ブームでなく定着にまでどんどん進んで欲しいですね。
マイノリティレポートの世界、いよいよ実装に近づいてきていますね。でもテクノロジーが発展していくのと、それがどのように受け入れられるようになるかは全く別の問題。ほとんどの家庭のリビングルームのスタイルは10年以上変わっていないし、オフィスでの仕事のスタイルも同様。遅まきながらテレワークという言葉が市民権を得てきていますが、本来それはもっともっと前から可能だったはず。どうやってテクノロジーやツール、製品とサービスを組み合わせて活用し本質的な課題を解決していくのか、そのことに人はもっと力を注いでいかないといけないですね。
ARの課題は、過去20年間同じである。

AR酔いするのである。
これを解決出来なければ、限定的な
使い方しか出来ない。

アプリの問題では無い。ハードの問題
である。
AR,VR技術が進むにつれて,人の移動は減少するのだろうか.
移動はエネルギーと時間の浪費.今はその移動コスト以上の利益を得るため仕方なく移動している.しかし,AI,VR技術によって,移動コストゼロで,今以上の利益が得られるようになれば,移動の必要性がなくなる.そうなると,現在の「自動車」というパーソナルモビリティのあり方が変わってくるでしょう.ARはどうなる? 自動運転やEVで未来の自動車はどうなる? という風に個別に考えていくと,いまの社会にこれらテクノロジーが突然出現するとどうなるのかという発想になります.ところが,全てのテクノロジーは融合し,社会を変革しながら徐々に発展していく.それを知りたいと思うが難しい.
なんかそれしっくりこないんだよな
もうここまで来ているのか。だとすれば、これが普通のオフィスに雪崩飛んでくるのも時間の問題なのでは? 数年でとは思わないけれど、10年後のオフィスはまったく変わっていても不思議ではない。
そりにしても、この先はマトリックスの世界に繋がっていそうな気が…
解剖学の実習に大きな効果がありそう。
ホルマリン漬けの献体は臭いがきついし、何より生の組織と比べ色や形状(さらに言えば硬さなど)が全然違う。
技術的には、臓器モデルをテンプレートから生成して目の前の人の「バーチャル解剖」ができるだろう。
何度でも切ったり外したりできるのが魅力。
というか「切る」必要はなくて、一時的に非表示にすればいいんだな。
オフィスの中でPCのスクリーンや紙の資料をバーチャルに置き換えるAR。それより、PCなどはリアルに使いながら遠隔地をつなぐテレワークのVRのほうが需要がありそう。
ヘッドセットも目に直接おくコンタクトも前の一時的なものでは?と思ってしまう。