新着Pick

インターン実施企業が6割に 3年生ら対象、夏も開催

共同通信 47NEWS
インターン実施企業が6割に 来春就職活動する大学3年生らを対象にしたインターンシップ(就業体験)を実施する企業が2017年度は64.1%に上ることが6日、就職情報会社ディスコ(東京)の調査で分かった。1日だけの実施を中心に、前年...
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インターンシップ促進が閣議決定された97年から20年。議員事務所、大使館、NPOなどでのインターンシップを推進するドットジェイピーもまもなく20歳。いまだに受入数、参加学生数は右肩上がり。
毎年「就活解禁」と言っていても、インターン制度があれば、早期就活と同じ。いい加減に、前近代的な、終身雇用の名残の「就活解禁」などはやめるべきだと思います。1年生で内定もらってもいいし、卒業までに別の会社に乗り換えてもいい。転職が当たり前の時代、「卒業前転職」を何度してもいいと思います。「就活解禁」制度はやめるべきだと思います。
弊社もインターンという名前でイベントを実施していますし、グループワーク+懇親という構成で就業体験とは違うのでちょっとコメントしづらいのですが、まあお互いのことがよくわかる機会であるのは確かなので、学生さんは興味のあるところがあればいくつか参加してみるのがいいと思います。選考段階から含めて集まっている学生さんの雰囲気からもその会社が合うかがわかりますしね。
ただ、インターンに応募したり参加したりするよりももっとおもしろいと思うことがあるならば、そちらに打ち込む方が個人的にはおすすめです。

またこれも個人的に思うことですが、採用する側としては、3年生・修士1年生の夏という時期に限らず、もっと時間を広げて、かつもう少しゆるく学生さんと会社の人が接する機会を作れるといいなと考えています。
似た時期に大勢で同じような動きをする企業と学生さんを見ていると、クリスマス前の駆け込みで恋人ほしい人同士で合コンたくさんやっても何となく心惹かれる感じにならない様子を見ている気分になることがあります(例えが微妙か笑 そういう場でいい出会いになることもありますしね笑)
インターンシップ大賛成です。採用する側も就職する側もプロセスはお見合い。長年のパートナーシップを築く相手として相応しいかどうかを見極めるためには、インターンシップという形で実際に職場を体験することは有効的。ただし、1日だけでは相性を判断するのは困難。アメリカの多くの企業は夏休みの2カ月間のインターンシップを通して、採用決定する。日本企業もせめて一カ月のインターンシップを実施できないものか。
変化の激しいIT分野では大学でのスキル対応に限界があり、企業インターンを通じて研鑽を積むことを正規カリキュラムに据えたい。教育領域の産学連携を拡充したいです。
青田買いの側面も大きくなると思いますが、個人的には年齢に関わらずインターンは賛成です。1年生だろうと4年生だろうと、熱量ある時に動ければいいなと思います。
これは「囚人のジレンマ」のようなものでしょう。

他の企業がインターンを実施すれば、自社も遅れをとるわけにはいかない。
企業としても相応のコストがかかるけど、止むを得ないのでしょうね。
ワークスでは今日から3週間のインターンシップが始まります。初日のヒリつく緊張感は得も言われぬものがあります。ちなみにウチは1年生も2年生もいます。

僕が全力投球するこの仕事。今年も熱い夏が始まる。
超短期インターンへの批判もありますが、多くの企業に接する機会を持つことは決して悪いことではありません。学生が知っている企業はほんのひとつまみでしかないので、先入観なく多くの企業と接点を持つことを学生に奨めています。
会社と学校のあり方を変える上で
とても重要な事の一つだと思う。

囲い込みという考え方は変えるべき
である。

ドイツの大学のモットーとして、
理論と実践の両立の原理がある。
学生時代から、少しでも実践を学ぶ
事は、重要である。
株式会社ディスコ(英語: DISCO Corporation)は、シリコンウェハー加工機器のトップメーカーである。広島県の呉市で創業した。 ウィキペディア
時価総額
9,656 億円

業績