新着Pick
153Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
全くもって、つまらない批判ですね。

実際問題として、議会が先に夏休みに入っており、大統領がワシントンに詰めている意味はありません。何かがあれば、休暇を切り上げるだけのこと。無駄にワシントンに入れば、余計な事をするかも知れず、ホッとしているひとも多いのではないでしょうか。税制改革の法案作りなど、働くべき人は、今だって働いています。上司がウロウロしていない方が、仕事がはかどるタイミングだってあるでしょう。ましてトランプですからね。これで休暇中はツィートを禁止していただけると、ずいぶん平和になります。

オバマ時代に「休暇取得を批判するとはけしからん」「休暇先でも仕事はできる」と言った人たちに限って、今度は「休暇が長すぎてけしからん」と批判するのがアメリカ。党派対立も末期症状ですね。これでオバマが、「夏休み取って何が悪い」と言ってくれれば、格好良いのですが。
トランプ大統領は、「休暇じゃないんだよ」とtwitterで否定しています。

twitterより引用: 「Working in Bedminster, N.J., as long planned construction is being done at the White House. This is not a vacation - meetings and calls!」

---
ビジネスの世界では、シニアなポジションにて対外折衝や意思決定に係る仕事をされる方が、いつもオフィスにいると、この会社大丈夫かと不安になります。オフィスにいないときに、お客様に訪問したり、普段会えない方と会ったり、全く別の戦略を実行をされていることが多いように思います
議会に重要法案審議で休み返上を求めているというのに、理解不能です。
どこでもツイッターは出来ますからね。
大統領が休暇を取ること自体は問題ありませんが、休暇の取り方に問題がありますね。なぜこうしてまで敵を作り、嘘つきのレッテルを貼られようとするのでしょうか。
それよりも、就任してから40回以上のゴルフもすごいなあ。
それじゃあ、人事も進まないわけだわ。
【国際】むしろゆっくり休んでゴルフをやっていてほしい。何しろ彼が休んでいない時の仕事はアメリカ合衆国大統領であって、気分次第の意思決定をしているわけだから。アメリカ合衆国大統領をやるよりもゴルフをしてスコアを少しでも上げることに努力してもらっていた方が、国際平和に貢献できるだろう。
元々嘘をつく人間なんだから、つまらない論争はやめて、さっさと大統領を辞めさせる事が、世界の平和と安定に向かうと思います。
3週間の夏休みに入ったメルケル首相は叩かない毎日新聞
驚くにあたらず。この程度の揺さぶりで動揺しているようでは、トランプ政治核心の揺さぶりに耐えきれなくなるのでは。