新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

167Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
グレートファイアーウォール、GFWが現実的に人類社会に今もたらしている最も大きな問題は、人類史上最大の保護貿易です。
もはや世界最大の消費市場である中国市場の、人類最大のIT産業において、GFWにより完全保護貿易に守られているからです。

これによりインターネットの2大産業であるコマースとメディアは、実質的にアリババとテンセントによる完全独占市場を形成しています。よって2社の時価総額は中国の全産業における1位、2位であり、のみならず世界の全産業でも10位、11位です。あと数年でトップ5くらいまでは行くはずです。

その完全独占的な地位を利用して生産したキャッシュで世界中の事業資産を買いまくっている。日本企業は無論、世界中のどの企業もこれに伍せるわけもなく、中国の国際侵食がまるで軍事におけるそれと呼応するかの如く進んでいます。東南アジアは完全に「中国24番目の省」となってしまいました。上澄みはすべてテンセントアリババの買収、出資済みです。その先インドにも2社の手は着々です。

この圧倒的にアンフェアな保護貿易こそ本来国際通商テーブルで議論されるべき問題だったのでしょうが、もはやその段階は過ぎ、今後は中国を筆頭とした非民主主義的、非グローバリズム的な世界経済社会が、世紀単位ないしは100年単位で続く、大きなモメンタム変化の只中に我々は生きているのだと思います。
微信(ウイチャット)、確かに昨年11月に北京に行った時には中国の方に会う度にそのアプリでの交流を薦められました。ちょっとした家族経営の料理屋に入った時も支払いは同アプリで完了でき、また北京大学や清華大学といった大学の両雄と言われている教授のプレゼンでも、連絡先にQRコードが周知されるなど幅広く使われていることを実感しました。

ただ、香港などでは使われていないことも多いようです。先日香港の方々とシンガポールでご一緒することがあったのですが、その際に「ウイチャット使ってる?」と聞いたところ「使ってないよ」との答え。理由を聞いたところ、「通信内容がすべて知られてしまうから」とのことでした。そもそも、彼らは「香港人」と呼ばれることにアイデンティティを感じているようで、いろいろと考えさせられる機会を頂きました。
この原稿執筆しました。中国は要するに自分の土俵で相撲を取らせようということで、これはネットだけじゃなくて、外交や交渉でも共通するところがあるのですが、ネットの世界でもそのことが明確になりつつある、という状況です。ネットで中国社会は大きく変化して新しいビジネスが山ほど生まれ、それはそれですごいことなのですが、よくもわるくもという意味で、もっとすごいのは13億人というウエブにおける一つの平行世界というか、アナザーワールドが生まれつつあるということだと考えています。
一方で、中国は、いま日本文化の大ブーム。ベストセラー書に、東野圭吾は常連、そして、なんと太宰治の『人間失格』がはいっている。国と国とが壁を築いても、ビジネスは、壁の下をくぐって成長し、新しい歴史を準備していくから、面白い。
==========
中国においては、ネットで、グーグル検索もGmailもツイッターもLINEも使うことができない。海外の多くのニュースサイトや、中国から海外に亡命した人々などでつくる反共産党的なサイトも見ることができない。
==========

「中国のルールで」と聞くと、またかと眉をひそめる方もいるかもしれませんが、中国人の友人からすると、「アメリカ(GoogleやAmazon)に情報を取られ続けることは国として不利益となる、そこを守るのを当然」と言われました。すべては、0か100か、白か黒かで判断できないのは、グローバル時代においての企業と国の関係が複雑化してるからでしょうね。
VPNが使えなくなる、と中国内部の事情に詳しくない友人に話すと必ず言われる
「VPNでいいじゃん?だって規制難しいでしょ?」
そうなんです。VPNアプリごと消されちゃうんですよね。ウェブは民主的でオープンなもの、と言う概念はそもそもアメリカを中心とした世界の価値観ですよね。それが正しいとは必ずしも思いません。
民主的と統制的でどちらがいいか?少なくとも中国が大躍進したのは鄧小平が社会主義体制の中で資本主義をすすめたから。
来月上海に2度行く予定ですが、仕事関連をほぼGoogleに紐づけているので、この辺りの規制は辛いところです。ただそれでも成り立つ辺りに、中国市場の大きさを改めて実感します。
閉鎖的ですね。現実的にはVPN禁止にしようがないと思いますが。
決済関連等のFintech分野でも微信(ウイチャット)対応せざるを得ない状況ですね。
規制は強化してるかもしれないけど、こんな事はこれまでも頻繁にあった事。


実際に、僕が使ってる中国国内事業者のVPNは、月額500円程度で、FB、Twitter、YouTubeも何の支障もなく使えている。


唯一どうしても使えないのは、LINE。


LINEだけは、2年?ほど前の規制からどんな方法でも基本は使えなくなった。


という事は、VPNの規制なんかは、そもそも技術的な問題ですらなく、あえて、使えるようにしているだけだと思う。


つい半年ほど前にも、規制強化でVPNが使えなくなるいというのが、話題になったけど、その時も、ただの誤報で、違法業者の取り締まりを強化しただけだった。


あと、記事の最後に、微信(WeChat)をダウンロードして、使わないといけなかったり、Gmailの転送をかけたりと、滑稽な状況が来るかもしれないと書いてあるけど、


そもそも、LINEが世界的にはマイナーだし、微信の方が進んでるアプリで便利。しかも、Gmailが世界共通と思ってるのも違和感がある。

そして、これからそうなるかもしれない。じゃなくて、既にとっくにそうなってる。