新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中にはないけれど、「富士そば」も台湾で成功しています。日本そばが海外では流行らないというのが常識だったけれど、「富士そば」は、その常識を覆すことに挑戦。台湾、フィリピンで相次いで成功。

10年前は、海外への挑戦はハードルが高かったけれど、こうした先駆者がでたことで、
いまや海外へのハードルは、心のなかだけになっている。
台湾は食のライフサイクルも既に進んでいますし、今から好立地を抑えるのもハードルがあるので、中小企業のお付き合い先では他の国の方が選択肢に上がることが多い印象です。
日本のクオリティのまま海外へという内容。
日本の外食クオリティを海外で維持するのは従業員の教育にかかる比重が大きいと思います。
決められたオペレーションを教え、ルールを守れるのは日本人のメンタリティに依存しているところもあります。
海外で同じように教えてできる国民性がある国ばかりでないでしょうから、それぞれの文化にあったオペレーション構築は重要です。
ここまで、成功事例が出てくるなら、台湾のデザイン・データベースを構築して、日本と比較してみると、示唆が出そう
株式会社王将フードサービス(おうしょうフードサービス、英語: Ohsho Food Service Corporation)は、中華料理チェーン店の餃子の王将を経営する会社である。東証一部:9936。 ウィキペディア
時価総額
1,365 億円

業績