新着Pick
521Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
収益の9割以上と書かれていますが、売上金回収サービスなどATMを活用した収入を含めれば、ほぼ10割がATM関連です。
そのATMですが、通帳や硬貨を扱いわないことで通常のATMと比べて格安のコストとなっている一方、利用者にとって大変便利な構造となっています。
カードを挿入するだけで、口座を持っている金融機関の画面になるなど工夫されています。
3~5年サイクルでスペックのアップグレードを行っていますが、いずれも性能向上という視点でなく、顧客目線で不満を解消する視点で改良されているところが、企業文化の反映と思います。
伊藤忠の岡藤社長は、「ユニーと統合したファミマとセブンの差は、銀行ATMなど周辺事業。統合したことで足もとの利益を犠牲にしても周辺事業を強化する」と今年の決算会見で語っていたのを思い出す。三菱商事出身の竹増社長率いるローソンも同じ考えを持っていると思う。経常利益の9割以上、1037億円をATM受け入れ手数料だけで稼ぎ出した、と記事にあるか、私も手数料0円が24時間だから新生銀行のキャッシュカードのセブン利用が一番多い。
確かに銀行のATMはワンテンポ遅い。この記事は面白かった。
メガバンクには脅威だと思うが、私はJRや地下鉄の券売機がATMになれば、もっと便利になるとずっと思ってる。問題はセキュリティだけだから、やろうと思えば今のテクノロジーならできるでしょう。
日本の現金文化に支えられてるビジネスモデル
野崎先生がコメントされている「売上金回収サービス」については、下記Pickも併せてご参照いただきたい。
ATMの開発において、出金だけのほうが楽だしコストは安い。なぜなら入金があると、真贋判断機構が求められるから(色々な品質の紙幣が入ってくるので、そこへの対応などもあろう)。海外のATM市場では、たしかこういう出金機能だけのATM(キャッシュディスペンサー)がメインだったはず。
ただ売上金回収サービスのためには入金は必須。それがあることで現金補充を大きく減らせる。
https://newspicks.com/news/1921777
「2017年3月期におけるセブン銀行の経常収益1131億円のうち、9割以上の1037億円をATM受け入れ手数料だけで稼ぎ出した」これは本当にすごいと思う。
ただでさえ、ユーザー目線とは言えない銀行の営業時間。そこに付け入るように、コンビニでATMを普及させた功績はすごいと思います。
出来ればハードウェアを更新せずにソフトの変更だけでサービスを追加して行って欲しい。ハードをいちいち入れ替えていてはたいして儲からない
常に利用者視点。その開発姿勢がうかがえる。UI/UXの視点も始めから持っている「セブン銀行はATMの開発に注力しており、「自社にとって最大の商品」と言ってはばからない」
普段慣れ過ぎて気付かないけど、確かにめちゃめちゃ使いやすい
キャッシュレス化の進行に伴い、ATMの縮小は不可避な流れ。ただ、セブン銀行の場合は各行がATM台数削減した分、むしろシェアド先として重宝されるはずです(銀行は使われたぶんだけセブン銀に支払えばよく、固定費を大幅に削減できる)。キャッシュレストレンドでも、残存者利益の享受が期待できるビジネスモデルに見えます
ATMとコーヒーはセブンイレブンに限る。
反応が早く操作性が良いのでセブンイレブンに行ってしまいますね。今では駅や公共施設でも見かけるようになり、銀行ATMや他のコンビニATMを駆逐するのが近いかな。

銀行を通さない送金など新しいサービスを開始したようだが、ビットコインなどキャッシュレス時代が迫るなか、次の一手はどうするのか? 注目です!
株式会社セブン銀行(セブンぎんこう、英称:Seven Bank, Ltd.)は、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の日本の銀行。コンビニATM事業最大手である。旧商号は株式会社アイワイバンク銀行。 ウィキペディア
時価総額
3,290 億円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
121 兆円

業績

業績