新着Pick
861Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リクルートの握っている情報はもとは広告情報であり、広告経由のコンバージョン情報であったり、それ自体が売り上げに繋がっているのですが、それを活用するというステップは非常に情報の利用方法として上手ですね。
じゃらんの課金情報で「ある程度」その施設の状況が推察できる、というモデルですか。
じゃらんに限らず、かなりのライフイベント分野で情報を持っているリクルートがこのような形で活用の幅を広げてくると、新規事業の可能性がどんどん生まれてくる。
いわゆる広告ビジネスモデルのリクルートからだんだんイメージも変化してくるかもしれません(いい意味で)。
これは非常に面白い取り組み。短期運転資金のレンディング市場はこういうプレイヤー側の方がデータ活用が出来て強みがある。

今までの予約状況などを活用すればリスク含めて自動的に与信をとることもできるし、もっと言えば宿泊施設が持つ宿泊在庫を独占的にじゃらんに入れればより優遇した融資が受けられるなどの設計も可能でしょう。
付き合いのある事業者に対する金融サービスの提供ということで、強みを活かした一手で、うまくすると大きな収益源に育ちそう
パッと聞くと普通の金融業で、なにが「テック」なのかと思ったらオンラインで完結することが「テック」とのこと。
古くからモノのやり取りをサポートする商社は、事業の資金繰り状況も判るので金融機能を提供してきたが、ある意味「情報」のやり取りしかしていないプレーヤーが金融に出てくるというのは、上手くいくならモノから情報への価値シフトを表す好例だが、一方で本当に与信判断ができるのかは未知数と思う
集客状況、支払い情報、過去の倒産情報などから見ていくのだろうが、資金の流れを抑えているわけではないので、Amazonや楽天が参入するよりはハードルが高い。当面はかなり保守的な与信判断にせざるを得ない気はします
ファーストファイナンス失敗の呪縛からなかなか金融業に進出してこなかったリクルートだけど本格化して来ましたね。
以前、クラウドファンディングのプラットフォームが貸金業に参入するという記事がありました。

今回のリクルートの参入も、クラウドファンディングのプラットフォーム「レディフォー」も巻き込んでいます。

「成長分野に融資しろ」と金融庁から知りを叩かれている地銀にとっては、厄介なライバルになる可能性がありますね。
リクルート社は元々、マッチング メディアをプラットフォームとするビジネスモデルで、圧倒的な営業力で顧客を押さえて構造的競合優位性を構築し、高利潤、高成長を遂げて来た。
今回は時代を反映して、ITテクノロジーによって人の介在が小さい金融分野でのプラットフォーム事業へのシフトを狙っているのであろう。

この戦略は時代の流れには合致しているが、生身の営業マンの営業力がコアコンピタンスであった企業が、人の介在を極小化し、ITテクノロジーがコンピタンスとして求められる事業にシフトしようとするのは、かなりリスクが伴うと思われる。

両分野の文化や価値観が全く異なることに加えて、リクルート社の営業力は明らかに圧倒的な競争力を誇っていたのに対し、リクルート社のITテクノロジーが同等の競争力水準に達しているのか、疑問もある。

銀行をはじめとする金融業者が他分野でのノウハウや戦略性に欠けるように、他分野から金融業に参入するのもハードルは高い。

リクルート社がこの事業で本格的な成功を遂げることができれば、GEがGEキャピタルで成功して以来の、経営の参考書に載るモデルケースになる。
季節性を伴う業態での、閑散期の資金繰りサポートとは興味深い。リクルートとしては、現金をそのまま預ける(現預金-有利子負債でざっくりネットキャッシュ1340億円)より、金利を伴う運用をできるほうが良い。銀行としては、需要減。
とはいえ、レバレッジ効かせてまで金融業をやるわけではないだろうから、拡大するにも限度はあるが…
リクルートもフィンテックを活用して事業性融資を行う様になるとのこと。今月末からスタートとのことで注目ですね。
企業がこれまでの取引で得ている情報で融資を行う取り組みはアマゾンの事業者向けローンが好調であることからもニーズは高そう。また金融機関からの資金調達を支援する「MFクラウドファイナンス」の様に金融機関と協力する形もありますね。
【アマゾンの事業者向けローン、米英日で総額3千億円超を融資】
https://newspicks.com/news/2394235
ホテル、旅館業の運転資金ニーズには、季節要因等あるにせよ、基本的に銀行はやや微妙な見方(赤字資金?等)をするので、面白い領域かもしれません。

追記
現金商売や売掛期間が極端に短い業態への運転資金ニーズには、既存金融機関は、まず?となるので(最終的には貸すケースも多いですが)、日本においてはアマゾンレンディングよりはいいかなとは思います。
ただ通常は、低利の長期運転資金を一本引っ張っていれば。。とも思います。
商流がわかっている仲介企業が事業金融に出て行くというのは、
alibabaがはじめた。
すにで、amazonも開始している。

リクリートさんの動きは自然なもので、むしろ遅かったといえる。
遅れたのは金融当局の動きが関係しているのかどうか(よくわからない)。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
7.04 兆円

業績