新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昔、スポーツライターの二宮清純さんが、文武両道は難しいから、文武平等で評価すべきと言っていたけど、傑出した才能もどこかで道選ぶ必要あるから同意。スポーツ選手のキャリアの複線化も重要な課題だし、今年は数学と物理オリンピックで日本人高校生が世界1位になったのに全く報道がされてないのも悲しい。報道も文武平等であってほしい。
きっと賢いのだろうけど、以下のコメントには偏差値75を全く感じられないのだけど気のせいだろうか…

「野球には攻守があって、オンとオフの切り替えがあります。授業中に先生の話を聞くことはオンですけど、寝てしまうのはオフですよね。ずっと授業で寝ていたらオフなので、切り替えはできない」
新連載がスタートしました。

夏の甲子園を全試合観戦取材をするようになって、今年で15年になります。
これまでたくさんの取材を続けてきて、高校野球のすばらしさ、甲子園の偉大さを感じてきました。

しかし、一方で、疑問に思うこと、このまま進んで良いのか?と思うことにも遭遇しました。

それは指導であったり、高校野球の在り方であったり、様々です。
それを記事にしたりも来ましたが、改めて、日本野球の象徴である「甲子園」がどの方向に向かっていくべきかのかを整理しようと思います。

来年で100年目を迎える甲子園。
変わってきたところもあるし、変わらない所もあります。

やはり、環境が影響していることが大きいです。
それらを作っているのが我々ですから、しっかりと伝えていきたいと思います。

僕にとっての集大成ような、そんな連載になると思います。
高校野球新連載1回目は、今秋のドラフト1位候補に挙がる履正社・安田尚憲。大型スラッガーはここまで頭脳明晰なのかと原稿から伝わってきてワクワクする。実際に僕自身、現場で高校野球を取材していて、最近の高校生は考え方がしっかりしているなと以前との変化を感じている。そうした変わりつつある高校野球、そして変わらない高校野球の両面を掘り下げながら、来年の100回記念大会以降さらに栄えていくために何が必要かを書き手の氏原さんとともに考えていきます。取り上げてほしいテーマなどあれば、ぜひコメント欄で教えてください。
良いですね〜!

並外れた才能に恵まれた天才以外の大半の選手は、いわゆる学歴とは異なる本当の意味での頭が良くないと、長いことトップレベルで活躍を続けることは難しいと思います。
今の実力じゃなくて、「成長する力」をどう鍛えるか。

スポーツ界が注目しなければ行けないのはこの部分。

スポーツだからこそ、「成長する力」を鍛えられるはず。

そういうコーチングを作っていこう。
スポーツ推薦もあるのでしょうが、基本的に進学校ですよね。文武両道はカッコいいな。大学まで行ったら?と思います。
勉強が必要、と言うと日本人は受験のイメージが先行しがちですが、大事なのは答えを「考える」力だと思います。
世の中の多くの事には正解がありません。育児もしかり。
だからこそ、考える力は成長に不可欠なんだと感じます。
この連載について
2018年、遂に100回大会を迎える夏の甲子園。時代の変化とともに“変わりつつある姿“と、旧態依然の両方に目を向けながら、未来の高校野球のあるべき姿を考えていく。