新着Pick
276Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
額面通りに受け取ればARMの投資は加速しソフトバンクグループの収益性は悪くなる。それをグループ経営として容認しているが、決算で許容され株価、投資家が許してくれるか。利益面は開示しなくてもいいが、あまりに全体収益が悪化すれば説明せざるを得ない。この辺りの舵取りは本当に難しい。
下記の言葉が印象的。ソフトバンク傘下に入ったとしても、ソフトバンク自体は上場企業。それでも将来を見据えた自由度が高まったという。
一般論として、上場市場ではコングロマリットは嫌われる。単一事業に集中しているほうが経営の変数は少ないし、注力もするという考え方。ただ、単一事業は外部環境の変化を受けるのでボラが大きく、経営者としては複数の柱が多いほうが良いという気持ちはとても分かる。これはどちらかというと「守りのコングロ」の発想。
下記から伺えるのは、上場企業が単一事業に集中することや四半期決算で「見える化」されすぎて、自由度が減っていること。ARMでそれが解消されたのは、ソフトバンクや孫さんゆえの固有性なのか、コングロゆえの汎用性があるのか。個人的にはその中間くらいかと思う。
一つのコングロプレミアムの出し方、言うなれば「攻めのコングロ」だと思うし、成果が出ると嬉しい。それで一つの経営のあり方として、研究も進むかもしれない。

『それまでの株式公開企業の状態では、投資の際も売上高や営業利益を意識する必要がありましたが、ソフトバンク傘下になったことで、自由度が高まりました。将来を見据えた投資に対する制約が減り、積極投資が増えたのです。』
ARMがソフトバンク傘下となり、成長エンジンが強化されたことは納得する。スピードが重要ファクターな業界なだけに、トップの理解は武器となる。一方、成長する上で壁になりそうなのは製造面だ。ARMはファブレスだから関係ない、ではなく、ファブレスだから壁となる時期がくる。これは過去のIntelからも学べる。規模を追うのか、利益率で勝負するのか、ポートフォリオのライフサイクルにより、検討が必要になる時期がくる。
ARM自身もファンドだからな
ファンドとしてのソフトバンク。ARMにはそれで十分かもしれない…
私には、まだ何の事か分からない。
シナジーも、戦略も明確には見えない。
ARMは、かっこいい良い会社だと思う。
でも企業の買収とはそれだけでは不十分だと思う。
株式会社アドバンテッジリスクマネジメント (Advantage Risk Management Co., Ltd. (ARM) ) は、東京都目黒区に本社を置く、団体長期障害所得補償保険 (GLTD) 、従業員支援プログラム(メンタルヘルスケア、EAP)首位の人事ソリューション企業。障害者採用支援のための求人広告サイトも展開し、EQによる人材教育事業に参入。 ウィキペディア
時価総額
109 億円

業績

ソフトバンクグループ株式会社 (英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。近年は先端IT企業などに投資するファンド等を立ち上げ、投資会社の側面が強くなっている。プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社である。 ウィキペディア
時価総額
17.8 兆円

業績

業績