新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここ数年は好調だったシマムラも不調、と。

個人的には「多品種少量」で「売り切れ御免」のビジネスモデル自体はZARAに近く、ユニクロ型に劣るとは思わないですが…

(本文から引用)
しまむらが「『4つの悪』の追放」で、いわば「昭和のビジネスモデル」を磨いたのに対し、ファーストリテイリングはそこからSPAに転換して「ユニクロ」を発展させ、アジアへ、アメリカへ、ヨーロッパへ進出していった。一方、しまむらはというと、海外展開は現在も台湾と中国の54店舗にとどまっている。昭和のビジネスモデルの発展型では、グローバル化はなかなか進まなかった。
(引用終わり)

…とあるように、自社開発ではなくサプライヤーからの仕入モデルだとグローバル化は難しいんですかね。M&Aで機能内製化すれば解決するんでしょうか。サプライヤー側の本気が試される気がします。自戒も込めて。
GUも今期は不調。単価でいうとライバルはアパレルではなく、メルカリなのでは。
安いものならユーズドのほうが、品質は高い。
低価格帯はますます厳しくなるでしょう。
企業としての贅肉を削ぎ落とし、ビジネスモデルの強化に努め、提供商品の価値を高めてきたしまむらさん。「リアル店舗を持つ小売業」の雄も異業種、違うプレイヤーが出てくるとその力が弱まる時代。

自社を筋肉質化するのも大事ですが、外部環境に適切に対応する柔軟性、マーケットのルールだけではない戦いに対応する力もないと生きて行けない。

そんな時代の戦い方として、お客様の心に残るブランドでいることが大切。買物価値より、より定性的なブランド価値とエンゲージメント力といういつの時代にも大切なものを企業体力があるうちに作らないと行けない。

TVCM等で頑張られていらっしゃいますが、それよりもお客様とのエンゲージメントにお金をかけて、良い体験を提供しないと今までのルールでは戦えない小売市場になりつつあります。
原因は、もっと分析しないと…、誰も確信が持てませんね
一度覗いたことがあるけど、欲しいものはないと思う。
洋服は自分で作るに限ると思うようになった。元々洋裁得意なんだけど、最近忙しく、老眼進んで遠のいていた。
一時手芸店って廃れたけど、最近明らかに復活の兆しです。本屋に手芸や洋裁の本も増えてきた。
若い人は作るプロセスも楽しむようになってきていると思うし、実際楽しいです。
株式会社しまむら(SHIMAMURA Co., Ltd.)は、日本の主に郊外を中心に多数の店舗を持つ衣料品チェーンストアを展開する会社であり、国内では業界第2位である。日本全都道府県に店舗を持つほか、台湾などへも展開している。 ウィキペディア
時価総額
3,396 億円

業績