新着Pick
574Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
注文者からしたら便利だけど、店側は、ファックスを設置しなければいけないみたい。まだファックス導入って....。
人気 Picker
外食側からすると、今は店売上の“付加”だからいいんです。しかしニーズが大きいと、製造キャパが小さい分、衛生の問題と労務の問題が往々にして出てきます。その為、その次のステップを見越してどうするか?が非常に大切です。
この辺り、国内でも伸びしろがありますし、海外でも同じ流れなので、大きなチャンスを感じています。
中国ですでに、美团外卖,饿了么,百度外卖などのデリバリーサービスがあって、支払いはwechatpay, alipayでOK、マジで家から一歩も出ずに生きて行ける。
日本もこういったサービスをどんどんパクればいいと思う。
米Facebook messengerではDomino Pizzaなどがchatベースで注文できますが、LINEデリマは別記事を見る限りリンクに飛んだりしないといけないようです。
利便性という意味では今一歩ですが、それは今後の課題ということでしょうか。
FBオーダー https://techcrunch.com/2017/02/03/dominos-now-lets-you-order-from-its-full-menu-via-messenger-no-setup-or-account-required/
LINEデリマのオーダー http://eczine.jp/news/detail/4866
堀部さんがコメントされている、規模とオペレーションの安定性のバランスが気になるところ。
元々夢の町創造委員会(出前館)は6月からデリバリーサービスを開始しているが、その時点では吉野家だけ、かつ限定的な店舗数。今回、一気に店舗が広がる。
提携先は、「配達機能」「チャネル」を見込んでの提携という形。ただ、配達をこれまでやっていたのであれば電話でもいいし、やっていなかった部分の付加価値はLINEではなく出前館側。正味のLINEの付加価値は、正直少ない印象。普及するかというファーストステップと、普及したときに実質的にLINEがプラットフォーマとしてどれだけの価値を提供していてプラットフォームフィーとして取り続けられるか。
http://www.yumenomachi.co.jp/news-release/press/20170601-00.html
LINEが益々ポータル化していく。ClovaのクラウドAIプラットフォームを価値のあるものにしていく為には、領域をどんどん拡大する必要がある。今月末から発送予定の音声認識AIスピーカーWAVEも、このLINEデリマに対応しすると思います。Amazonがそうしているように、LINEもスピーカーを通じて日本語の認識精度の向上、AIをより良いものにしていくのでしょう。Clovaは日本語と韓国語からまずは始まる。日本のLINEで開始されるサービスは、韓国でも始まっているか、始める予定があると思われる。韓国での評価がとなるのかも見ておきたい。
なんでもデリバリー、即日配達。
配送、運送のエネルギー損失が年々増大しているので、そこを考える必要あるけど、この便利さはこれからも増えるでしょう。
省エネといいつつ、日本の運送コストは増えつづけています。
堀部さんのご指摘の点に納得。

シンガポールでは、UberEATSなどの各種サービスが、かなりローカルなお店でも対応しています。店舗で食事をとっているとウーバーなどのロゴ入りのシャツを着たデリバリーの人(バイク運転手)がテイクアウトを受け取っている姿を見かけることがあります。シンガポールのお店、特にローカル料理は、ほとんど何でもテイクアウトOKで、テイクアウト慣れしています。

日本のお店だと、テイクアウト慣れしていない、あるいは、ぎりぎりの人数でオペレーションをしている場合もあるでしょうから、「衛生と労務」についてどう対応していくか、という問題提起は重要だと感じました。

早速、LINEデリマに登録して、日本の自宅から呼べる店をみてみたところ、それなりにヒットしたので明日からの日本滞在では、いちど試してみたいと思います。
LINEがやるとすごく普及しそうな気がします。

話はずれますが、出前館と提携している新聞社な朝日新聞?なのかな?
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ15HNN_V11C16A2TJC000/
LINEデリマがKFCとバーミヤンとモスバーガーと吉野家があると聞いて見たら、自宅の配達エリアに何もない...。

頼むからKFCをエリアにお願い致します...。

世田谷にもっとKFCを!
LINEが出前館と資本提携していたとは知りませんでした。

昨日Uber eatsを登録しましたが、生活圏にコンビニエンスストアができると、出前(デリバリー)と縁がなくなってしまいました。

食のデリバリーはある一定の需要はあるのだろう。Amazon eatsができたら、思わずポチりそうです(笑)

オンラインでのUI/UXが日頃使い慣れたものに統一されると、需要歓喜されるものですね。

業績

業績

夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
時価総額
724 億円

業績