新着Pick
264Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国では、特に教育格差が大きいですし、体感的にも納得しやすい結果ですね。

原文が下記リンクで読めます。

http://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/fullarticle/2630755

これを見ると、各群の差(収入、肥満度、職業、糖尿病の合併など)が悲しいほどきれいに有意差を持って分かれています。収入も関係あるけど、教育歴の方が大きいということです。
データが正しいとすると、教育に対する投資は社会保障費を下げる方向にいきますね。
社会的階層(学歴、収入など)と健康リスクの研究が現在盛んです。元々はマイナーだったこの分野の第一人者、マイケルマーモットが2015年に世界医師会会長に選出されたことは「21世紀の関心」が可視化された出来事でした。

米国では教育格差で日本よりも露骨も食べ物に差が出やすい。同じ研究をもし日本で行った場合ここまで露骨な差がでるかどうか。
「社会」を知るためにも数年ごとにみたい気がします。
とても綺麗なグラフですね。
収入より納得できる結果。収入は職業によりますし、その人の実力が全て反映しているものでもないと思います。

病気を予防するため食事に気をつかったり、適度な運動をしたり、生活習慣を気をつけたりするのはやはりある程度生活の余裕がないとできないもの。それが現時点での収入ではなくて、子供の頃から育ってきた環境にもある程度影響すると思われるその人の学歴との相関性があるということなのですね。
学校でも食育などで教えてもらう機会が増えていると思いますが、実生活で日々の生活がままならない状況であれば健康管理まで実際できないというのがあるかと思います。セーフティネットの整備はやはり大切だと思います。
今までは収入レベルで違うのだとばかり思ってましたが、学歴の方が収入より重要ってのは目からウロコですね。ということは最終学歴が小中学校卒もしくは高校中退向けの啓蒙活動が最も効果が高いということになりますね。
こういうのの、日本版データのちゃんとしたの知りたいですね。
社会保障費削減には「岩盤突破」と並んで「教育による健康寿命の伸長」があると思いますが、例えば「甲子園という大会に向けて朝から晩まで死ぬほど練習して、終わったらピタリとやめてしまい、中年になったらお腹がポコンと出て生活習慣病になる」指導をいち早く脱却し、「自分にできるペースで日々の運動習慣を怠らない大人」になれるような、保健体育の指導方針の変更が必要でしょうね。そこに結果を出す指導改革が。
医学、もっというと理解系のリテラシーかしら?

もうひとつの仮説は、親が高収入だから小さい頃から体に良いものを食べる習慣があったとか。
しかし、乳癌のリスクは高学歴ほど高い。
皆さん、経験的に分かっていることなのでは。
自己管理や生活習慣などは、そのときの金のあるなしではなく、子供のころからの家庭環境などが大きく影響するということだと思う。
高学歴な方が健康維持に気を使っている、乃至は学歴と収入の相関が低く、かつ高収入な方が健康維持に気を使っている、の2つの仮説が考えられる。