新着Pick
1532Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨今の「儲かる農業」論の根本的な問題を指摘する素晴らしい論考です。まさしく「農業、とくに生活必需品であるコメ生産は『儲かってはならない』」という不都合な真実の下にあるということをわかりやすく説明しています。
農業生産という仕事が着目され評価されるのは社会の状況が悪くなった時、社会が豊かであればあるほど不要なもの、形や実態のないものばかり人は追い求める。
しかし社会が良かろうと悪かろうと農業生産が実際には社会の根幹を支えていることは間違いない。
ならば重要なのは「儲かろうが儲かるまいが生き方として農を生業とする」という覚悟なのだと思います。
日本の農家という仕組みはかなりのレベルで個人の自由意志を抑圧することで存在してきた。それが難しくなってきた今、農に関わるものたちは自ら火中の栗を拾う覚悟を求められていると思います。
だから面白い、、、と思って私はやっています。
ちょうど昨日日本モンサントの人と話してて、まだまだやれてないこと、心理的に導入を渋っている新しいテクノロジーの事を考えると納得いかない記事ですな。GMOや広義のロボットが普及すると、生活必需品のしての米などの穀物生産は驚くほど安く生産できるようになり、無視できるコストになると思うんだけどなあ。。
面白い発想ですね。自分の発想には無かった切り口なので、理解するためにも興味深く読んでしまいました。

ここでいう市場原理の視点でみるなら、

① トマトは労働時間が10aあたり1600時間、コメは250時間。トマトの方が単価が高くなるのは当たり前だ。

② トマトは1本あたり3000円の売上を上げる。コメが仮に10aあたり15000株(坪50)なら、1株当たり6円の売上しかならない。トマトの方が高い。

③ 米は市場の需給(=市況)では単価が決まらない。

まずは、こういった発想から反論をしてみたくなります。

ただ、結論に書かれていることを見ると、
深く納得してしまう部分もあります。

一つは「生きるための基本は野菜よりもコメ」という見解。これは、開発途上国と意見交換すると、強く認識することで、カンボジアやバングラデシュから来られた方と話すと「コメ」しか聞きません。野菜はコメというインフラがあった上でのアプリケーションだと認識できます。

二つめは、「なぜ日本の特に農協・行政技術者は圧倒的にコメの専門家が多いのか?」という疑問です。農研機構や全農の技術者もお会いした方はほとんどコメの専門家でした。日本が戦後、必死にコメというインフラを整えてきたから今があるんだなー、と改めて理解できました。

三つめは、市税に占める農業者の納税率の低さです。宮崎市も一次産業の納税率が、三次産業の70%に対して、0.5%と、その代わり補助の多くが農政という構造に疑問を持っていたのですが、GDPの1%強という事実を見て、「そっか、そもそもの発想の前提が違ったのか」と理解できました。

小野さん、北川さん、広瀬さん、清水さん、住田さんという専門家の方のコメントを見て、改めて理解深めたいと思います。

追記:
北川さん、追記コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつも無茶振り申し訳ありません。
感謝いたします。

~~~~~
・「命に関わる」商品は市場原理に乗せると安く買い叩かれる運命にある。
・市場原理に乗せても無茶なことにならないのは「命に関わらない」商品だから。
・世界一の農業国、アメリカでさえ農業はGDPの1%強。
・農業のGDPに占める割合が大きくなると、エンゲル係数が高くなって国民の生活が苦しくなる恐れがある。
いやー、面白い!ジレンマだらけの良記事。この論調だと、食品ロスの解決も例えばトマトの価格を下げる要因にもなるので、厄介な問題になりますね。

>小野さん
(確か)1st Pick有難うございます!

>Hirose Yoicihiroさん
コメの分類、是非実行するべきですね!

※追記
生駒さんからご指名頂いていたのに、腑抜けたコメントで申し訳ございません。別観点から私見を述べると、やはり食品は流通量に応じて価格が変動するネガティブな「プレミアム」なんですよね。更にそれがグローバルで生産されるが故に、輸入品が国産価格に影響を与え、価格と味(品質)が比例しない唯一の品目になると。東南アジア等でコメがほぼ国策に近い形で守らているのは経済発展が遅れたため、物流機能が充分ではなく、古代より伝統的な形でカロリーを確保するためと良く耳にします(あとはジャガイモ)。

これを変えるのは、生産技術の向上ではなく、物流機能の整備拡張だと思っています。より遠くに商品が供給(⇔調達)可能になることで、本来、備蓄が効かない農産品、例えばトマトも近い将来、価格が圧迫されることになるでしょう。また、昨今話題になる貯蔵技術の進化も発展途上国が採用した段階で日本に優位性が無くなります(そのためには相応の電力が必要)。行き着くところ、労働コストに完全に左右される市場になるはずで、カロリー確保が別手段で出来るのであれば、もはやコメもトマトも変わらない時代が近い将来、到来するでしょうね。
篠原さんは人工土壌の研究もしている、非常に素晴らしい技術の持ち主なんですが、やっぱり思想が入り気味なので、その辺のバイアスはかかってるかなと。

昔、小野さんと同じ某農業ベンチャーに居た時、大根1本1000円で売れ!というコンセプトの企業だったのですが、結論からしてそれは達成できず、ピクピクン先生の88万円のコメにも負けてしまいました。
その時に思ったことは、「食べ物というのは結局日用品であり、嗜好品ではないんだな」ということでした。

希少価値も無いのに、生命の根幹だからと補助金を要求する。一見道理が通っているように見えますが、それは都合の良い解釈だと考えます。それならとにかく中途半端は止めて、公務員にしてしまえばいい。それならこちらも諦めはつきます。

ただそうでないなら、もしAmazonくらいに大きな農家になれたら、食料のフリーミアムモデルが提供できるのではないかと思ってやっています。それが多分、みんなにとって一番いい形なんじゃないでしょうか?

追記:ホリエモンが書いている通り、人間の感情によって阻害されている技術もたくさんあります。それらが実装できれば、さらに無料化が近づくでしょう。
なんだか論点が違うような気がします。基礎食料だから高くできないのではなく、安い値段で売っても利益がでるくらいさらに安く作らなくてはならないのでなないでしょうか?
私のいるフィリピンではお米は三毛作できます。
大規模農業でコストダウンすることも、三毛作できるわけでもない日本でお米で儲けることは難しいと思います。
コメの消費量はここ数10年は減少傾向、逆に小麦に代替されていってる状況。結局胃袋で市場が飽和するため、代替食料があると、そちらに影響されるのではないかと思いますね。要するに、消費ニーズというか消費者の傾向を価格は影響されることではないでしょうか。
なるほど、命に必要な物は市場に溢れてるから逆に安く売り叩かれる目にあう、それがなくても死にはしない商品は消費者の心理さえうまく捉えられれば、高く売れる。市場原理て面白い。