新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本ではあまり大きく報じられませんでしたが、メディア業界のみならず、社会全体にとって、かなり重要なニュースだと思います。

無料でニュースがサクサク読めるのは、消費者にとって短期的にはメリットが大きいのですが、中長期的には、コンテンツ制作への投資が細って、コンテンツ(とくに報道系)のクオリティが落ち、社会全体にとってマイナスになりかねません。

世界ではフェイスブック、日本ではヤフーやLINEが、どの程度、メディアに譲歩するかが今後のポイントです。メディア側の戦略も問われます。
米国の新興メディアThe Informatianによると、メディア側が束になってロビー活動をした事に加えて、Fake News問題が最後の後押しとなり、Facebookを突き動かした一方、Googleは譲歩の姿勢は見せず、対照的な対応であると指摘しています。米国の各メディアはFacebookの対応を歓迎するもThe Informatianのジェシカ編集長は、ラジオが誕生した時を引き合いに、どんな形であれ、メディアが外部のプラットホームに依存する事の危険性を警告しています。
https://www.theinformation.com/news-industry-cant-put-genie-back-in-bottle?shared=b3e53b
もう今ではほとんど知る人もいなくなりましたが、約15年ほど前、ヤフージャパンの今の成功を作った一つにニュースがありました。記事中で指摘されている通りです。
その後続くキュレーションサイトもこのヤフーの成功が大きかったですね。ネット企業から見ると無料のような仕入れでニュースが読めるようになったのです。
だからこそfacebookのInstant Articleには期待していたのですが、見事にコケました。facebookの成長戦略に取材や制作をきちんとする一次メディアとの向き合いがありますが、そんなに簡単にうまく行くかな。
"ポータル勃興期に、日経新聞と読売新聞を除く新聞社は、ヤフーに対して、安価でニュースを提供。ヤフーにアクセスすれば、ほとんどのニュースはタダで読めるという仕組みができあがった。ヤフーという「巨大ニュースプラットフォーム」誕生を自ら手助けしてしまったのだ。"
メディアとSNS、持ちつ持たれつ。SNSもニュースがなければ困るし、メディアも読まれなければ困る。それゆえこういった方向に動いているように思う。
個人的には日本ではこの動きはまだ遅いと思う。それは日本の場合は全国紙という規模がある業態が中心のため(アメリカは地方紙が大部分)。良くも悪くも経営体力が違う。また、それを支えてきた販売店網への経営インパクトを伴うデジタルシフトを進めにくいのも実態だろう。ただ、進めないことの影響が、むしろ長期的にはマイナスではないかとも思う。
あと、ヤフーやLINEでニュースを読んでも、Facebookでは読まない気がする。流通構造が日本とアメリカでは違う印象を持っている。
https://newspicks.com/news/2379189?ref=user_100438
この前リンキンパークのボーカルが亡くなった時、FB経由で瞬時にニュースが表示され、思わずNPでもファーストピックしました。自分はほとんどテレビを見ず特に定期的に見るニュースサイトもないので、FBで知るアメリカのニュースが多いです。大きいニュースは大体カバーされる、という印象です。
やはり、プラットフォーム思考の方がビジネスは面白いな。課金ポイントが多様になる上に、「自らの意思」でその投入タイミングさえコントロール出来る。
個別のメディア毎に課金するのは結構ハードルが高いと思います。日本で新聞社や、その他ニュースメディアの有料課金が始まったとして、簡単に課金するようには思えません。課金する価値があるのは、ごく僅かな少数のメディアのみ。
メディア毎の課金より、Facebookに一括で課金して、複数のメディアを横断して読めた方が良い。dマガジンの様なレベニューシェアモデルは無理なのかな。
懐柔なのかよく分かりませんが、さすがに手数料を一切取らないということは無いんじゃないでしょうか。でもAppleの3割より安くなることはあるかもしれないです。Facebookにしてみれば、ユーザーIDにクレジットカード情報が紐付いた後の世界の方がビジネスは広がりそうですし、負けて勝つっていう考えはあるかも。
この連載について
日々のニュースについて、プロピッカー、専門家、記者編集者がコンパクトに解説。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
73.7 兆円

業績