新着Pick
687Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「勘と経験に頼るからこそ、コンセプトや戦略や意思決定のクオリティをシステマティックに上げにくい。」この考え方は、教育でも応用出来るのでは。Evidence based、科学的根拠に基づいた考え方、進め方がもっと必要だと個人的には思っています。

例えば、いじめ。いじめについては、先生方や関係者の方々が長年携われてこられて、尽力されてきた部分です。そのため、多くの知見が存在します。ただ、それが科学的に実証されているかというとされていないことがほとんどではないでしょうか。フィンランドではKiVAといういじめ対策のプログラムが開発されましたが、それはTurk大学で検証を続け、その後パイロットとしていくつかの学校で実施し、今ではフィンランド全土だけではなく欧州を中心に海外へも輸出されています。

いじめだけではなく、教育の広い領域で方法論を取り入れる余地はあります。
「お前、これまで散々経験を積ませてやったのに、うちを裏切るのか!」とか「わが社で雇ってやっているのに、ほかの会社でも働くとは何を考えてるのか!」とならない、組織の懐の大きさはとても重要。もちろん濱口さんが圧倒的な成果を出していたことも背景にあろうが、なかなかこうはならないのが一般論。
転職は一般的。それでもお世話になった会社、お世話になった人、その間で礼節があって、その後もよい関係が続くことはとても重要。個人的にも、最近そういった体験をいくつか連続でしており、とても嬉しかった。懐が広い方たちとの縁ができることは、本当に幸せ!
なんだこのエピソードは・・笑
やりたいことがあるけど、会社の副業規定がどうなっているか確認しないと・・・と考えている自分がアホらしくなってきますね笑

濱口さんは、ロジックとアートを組み合わせて自分の頭で考える→シンプルに定義する→高速で行動する・・ということを繰り返している。
もう一度、自分のバイアスを外して考え、行動していこうと思います!

濱口さんは、最近話題になっている「企業間レンタル移籍」事例の走りですね。
副業解禁の今、この視点ははっとさせられました。なるほど。まずはこういった形で副業解禁にするというのもありですね。Googleの20%ルールのように。

「僕のルールとして、レベニューソース(給料の元)は1つと決めているんです。2つ以上からもらってしまうと、自分のリソースの配分や責任のバランスがうまく設計できないから。
だから松下から給料をもらって、メインは松下の仕事、Zibaは自分の個人の時間でやることにしました。」
最近、「新聞なんて読んでも仕方ない」と斜に構える風潮を見聞きしますが、私は全くそう思いません。日経新聞などでは企業面を始め、基本的に「知らなそうなこと。詳しくなさそうなこと」を中心に読むようにしていますし、そもそも経済や総合面でも知らないことは沢山掲載されています。この濱口さんの例はそこまでケアしていたわけではないのかもしれませんが、小さなことでも欲張って吸収しようとする姿勢がいずれ大きな成果に結びつくことになると思います。
濱口さんのストーリーを読んでいると、勝手に自分で可能性を狭めてるのかもな、ということに気付きます。思った時に即行動、これですよね。

何人かの方が書かれてますが、どう濱口さんという人間が作られてたのか、とても気になるところです。
雑誌で気になる記事を見かけたときに、どうするか。そのときとった濱口さんの行動に、今日まで世界で活躍し続ける秘密が隠れている気がします。
全ては行動あるのみ。これは本当に多くのビジネスパーソンに読んで欲しいストーリー。
記事を読めば読むほど、行動力と、Gritとでもいうのでしょうか、やり抜く力、本当にスゴイ!
やはり行動力。しかも書かれているとおり、ちょっとやってみると言う誰でもできそうなことが突破口を作っている。

こういうインタビューではうまく行った話しか出てきてませんが、この裏には山ほどうまく行かなかった「ちょっとやってみた案件」があるんだろうなあ。