新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

194Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事、執筆しました。とにかく予想外の事態なので、今後の党大会の人事に対する見方を軌道修正しないとならなくなりました。ただ、長い目というか、ちょっと一歩引いてみれば、習近平への権力集中が進んだこの数年間のトレンドからすれば、ポスト習近平=次次期指導部の顔ぶれに、習近平の息のかかった人々が増えてこないほうがかえって不自然です。しかし中国の人事というのは、トップ25の政治局員ともなれば、なにかしら大失態の理由がなければ、前任者の胡錦濤の時代からアレンジされた出世のシナリオを壊すことはできない。そうなると、事件に巻き込まれて拘束、起訴されるという話が必要になってくるわけです。もちろん権力者として脇が甘かったということは孫政才にもあったのかもしれません。それにしてもゴール寸前での劇的な「落馬」となりました。
分かりやすい解説。"中国の政治は「一寸先は闇」と言われます"

政治だけではなく法律も日々変わると聞いています。現地に合弁を作る必要があり、かつ法律もそのような感じでは、いくらマーケットが魅力的でも二の足を踏む外資は多いですね。
ただ制度が違うと言うこと。それ自体がいい面悪い面両方を持つと言うことだと思います。

ビジネスの実務上は、違いを認識し、その中で勝てるように日本の常識は改めつつ、強みをしっかり活かす地道な王道以外はありません。
明確な外資規制領域以外では、まだまだ外資自身のやり方の改善で攻略できることが多いと思います。
資本の考え方、マネジメント、リスク管理など、あまりにも日本の常識と違うので、そこの理解と任せ方などで苦しんでいる企業が多いように思います。
一方で市場としてはしっかりやらざるを得ないほどの大きさ。

先日アップルが本社COO直轄の中国CEO(中国人)を設置とニュースが出ていたので、やはりやり方を考えて腰を据えてやる以外にないと思います。
孫政才氏が失脚となると、次世代で残るのは胡春華氏。彼は、共青団の第一書記をしていただけに、色が孫氏以上に強い。宴席を共にしたことがあるが、当時の共青団は勢いがあった。

ルーツから言って、胡氏も習近平主席に近いとは言えない。習氏が慣例を破って政権維持を目指すとの見方が出てくるのも頷ける。そうなると、共産党支配の矛盾が更に大きくなる可能性が高い。
中国の権力闘争は、一寸先は闇。なんか耳に残る言葉でした。

今年は中国の政治イヤー。習近平の後釜となる男は、すなわち13億人の頂点に立つ、最高権力者になる。ビジネスマンも理解必須のニュースでだと思いました。
とても重要なニュース。今後の5年だけでなく、先15年の中国との付き合い方がこの時期に決まります。

記事はとても分かりやすいのでお勧めです。

こうしてみると、2度も失脚して復活した鄧小平ってすごい。不死鳥と言われたのは彼くらいか。
5年後のポスト習近平の有力候補であった重慶市長の失脚と、後任としての習氏子飼いの就任。

超エリートが突如の無期懲役など、一寸先は闇というのは新しい話ではありませんが、山の頂上に近づくほど「人生のボラティリティ」が急激に上昇することは確かのようです。
中国の政治闘争の苛烈さは日本の比ではないですね。中国版ハウスオブカードをぜひ作ってほしいです。
分かりやすいですね。
記事中でも触れられている、「重大な規律違反」というのが厄介で、何が該当するのかは不透明です。(まあ、賄賂だったり脱税だったりするのですが、、、。)
反腐敗、というのも、具体的に何が腐敗なのかは明確には示されていません。
自分の立場が悪くなったときに適用されてしまう可能性をゼロにするのはとても難しい、ということですね。

ただ、日本企業の影響は、というと、、、ゆるやかな法制度の隙間を人が埋めている部分はあるので、カウンターパートが失脚すると困ることもありますが、それよりも単に人事異動の方がよくあるし困ることも多い気がします。
休日のストレートニュースで、細野議員のコメントを読んで重要ニュースだと認識したくらい、最初はピンとこなかったニュース。
こちらの解説でようやく腑に落ちました。

「中国共産党、前重慶市トップを規律違反で調査 習主席の後継候補」(Reuters、7月17日付)
https://newspicks.com/news/2373363/