新着Pick
127Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
うーん、ワクワクする!昔は米国とソ連が国家の威信をかけて巨額の費用を投じていた月面探査、はたまた友人火星飛行が、民間でもできるかもしれないレベルになっていること自体が感動。
民間と政府主導のバランスも、宇宙開発に限らず改めて考えさせられる。開発には資金が必要で、一般論としてはリスク・リターンが重要。ただリスクが極めて高かったり、リターンがまだ見えていないものは、逆に言えばやりにくい。民間でできることは基本的に民間でやったほうがいいと考えているが、民間ではできないことは未だに多く存在するだろう。
まさかビバリーヒルズで講演することになろうとは思ってもみませんでしたが、僕の知識や考えをまとめる良い機会になりました。いつもNPでアイコンを拝見してた方々もいらっしゃって、心の中で「ほんとにいるーっ」と叫びました。

BBQでは他の業界の皆さんとお話できて楽しかったです。自分で講演しといて言うのもなんですが、専門家による講演+ピッカー懇親会の形ってNPならではの良いソフトだなー、と思いました。

小野さん、木野下さん、ご参加くださったピッカーの皆さん(特に遠方からお越しの方!)ありがとうございました。

追伸:
その後、NASA本部から、サンプル回収ローバーをできるだけスリム化して機能をいくらか犠牲にするとどのくらいまでコストを下げられるか検討するよう緊急の要請が入り、僕らのチームは今忙殺されています。有人探査の方では、ガーステンマイヤー局長が「今の予算じゃ火星に人を着陸させるのムリぽ」と駄々をこねだす始末!米国にいらっしゃる皆さま、応援(納税)よろしくお願いします<(_ _)>
途方もないレベルの宇宙のお話、楽しかっただろうな〜。

生まれ変わったら(現世ではさすがに無理)、この分野の仕事がしてみたいと思いました。ま、特別優秀な人がする仕事なのでしょうが。。

石松さん、小野さん、参加されたちょっと羨ましい方々、おつかれさまでした。
最後のBBQがいかにもアメリカで、気持ちよさそうですね。
この連載について
NewsPicksコミュニティチームが企画した記事や運営からのお知らせをお届けします。