新着Pick
529Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あるイベントで、QUARTZの幹部が「われわれのライバルは、(同業の)ニュースアプリではなく、スポティファイ」と言っていたのを思い出した。ユーザーの「時間争奪戦」は、ジャンルを超えて、ますます激しくなってきそうだ。
かつて、ソニーはCDの売上減少を怖れてIPodに先を越された苦い経験があります。

今回は果敢に攻めに出ましたね。
成功を祈っています。
世界No.1のシェアを誇るユニバーサルミュージックとの契約更新に続き、ソニー・ミュージックとも契約更新。これでワーナーミュージックとの契約更新を終えれば、いよいよIPOとなる流れです。
#エンターテック
これを機に邦楽の曲が増えたらとてもハッピー。
Spotifyにとっては、ユニバーサルに続く大手との契約。
ユーザーさんにとっては選択肢が広がりそう。
ソニー側の戦略も知りたい。
流れが加速していますが、日本のソニーミュージックは「兄弟会社」なので、別でしょう。
此れは大きなニュースですね。
ソニーが以前配信していた「Music Unlimited」のサービス終了時から明かされていた既定路線。

Spotifyは日本でのローンチが遅れましたが、着実に契約ユーザーを増やしている。「Music Unlimited」はUI/UXが素晴らしいサービスでしたが、Spotifyは日本市場にそのノウハウを取り込んでいるでしょう。
Spotifyのサービスを使っています。Sony との契約で音楽の選択が増えると思いますが、Jazz 愛好家として実際どうなるか気になります。
ライセンスによって実現がありえそうなこと。

・スポティファイにソニー・ミュージック登録アーティストが参加
・スポティファイとソニー・ミュージック主催のライブ/イベントが連動
・スポティファイでグローバルにアーティストの卵を発掘→ソニー・ミュージックを通してデビュー
Spotify(スポティファイ)とは、スウェーデンの企業スポティファイ・テクノロジーによって運営されている音楽のストリーミング配信サービス。2018年現在、1億7000万人(うち有料会員数7500万人)のユーザーを抱えており、音楽配信サービスとしては世界最大手である。パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機などのデバイスに対応しており、日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア