新着Pick

ロッテ「Fit's」、売り上げを急増させた立役者

東洋経済オンライン
今年2月に始まったある新しいプロモーション活動が注目を集めている。10代をターゲットにした、テレビCMを流さないロッテのガム「Fit’s」の商品PR動画だ。広告制作大手のAOI TYOグループのQuark tokyo(クォーク…
388Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは凄い。
ロッテのフィッツと言えば、何と言っても特徴的な音楽とダンスのテレビCMでブレイクした商品というイメージですが。
10代向けにこんなこと取り組んでたんですね。
しかもネットで話題になっただけでなく、ちゃんと売上げ倍増に繋げてるのが凄いです。
(ただ、倍増したのはあくまで10代向けの売上という点には注意が必要ですが)
10代の憧れの職種にユーチューバーが入ってるみたいな話がよく話題になりますが、こういうのを見てると10代にとってのメインメディアは完全にスマホになっててテレビはあくまで2番手になりつつあるのがなんとなく見えてきますね。
電話会社出身者としては、固定電話が携帯電話にコミュニケーションの座を奪われていった過程をつい思い出してしまいます。
昔は、10代も大人になったら自分のテレビ買ってそっちにシフトするんだろうと思ってたんですが、スマホ中心で育った人は20代になってもスマホやタブレットで満足しちゃってる感じもあるので、ちょっと色んなことを考え直さないといけないのかもと感じてしまう今日この頃です。
おもしろい。「ブランドのターゲットである10代を取りにいかなければいけないという意識がロッテ側にあった。そして「そのときに本当にテレビでいいんだっけ?」という話になったという。」
こういう問いかけができるロッテがまずいいですね。
そして、中の人も秀逸。「ビッグデータを扱う人」と「クリエイティブな人」は普通は別々で、せっかく詳細な分析があってもそれを生かせない。中の人は両方を兼ね備えた人。今後ますます重要になるのは「かけ算」ができる人や、ナレッジを組み合わせ通訳できる人。
是非、自分のような「おじさん・おばさん」の皆様に読んでいただきたい記事。
フィッツは食べたことはないのだが、変わった踊りをしているという印象が強い。でも自分の記憶はテレビCMで見たもので、SNSでCMとか関連するTweetとかを見た記憶がない。
逆に言えば、自分の常識やメディアの視聴行動は、特に今の10代と完全に違うということ。
先日の下記ピノの事例と合わせて、ソーシャルを考えながら広告していくことの重要性を感じる。
https://newspicks.com/news/2354120
気楽に考えられる事も多いSNS活用。しかし、今回のクラスタ設定の為のヒアリングや、日々のコンテンツ作りの努力(動画の後にスチール200〜300カット)は本当に素晴らしいですね。
この世代は、あっという間に20代を迎える。その時のコミュニケーション手段の準備、できてますか?的な。
NAOMI WATANABE,that’s it!
コミュ手段 と 業務役割設定をどう持つか学び
株式会社ロッテ(LOTTE Co., Ltd.)は、東京都新宿区に本社を置く菓子メーカーである。1948年(昭和23年)に重光武雄(신격호)が創業した。創業以来、世界各地にグループを展開しており、特に創業者の出身地である韓国においては積極的な投資を行い大規模な事業展開を行っている(詳細はロッテグループ#韓国ロッテグループ)。 ウィキペディア