新着Pick
351Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
計画自体は現実離れしていません.あいかわらず,イーロン・マスクは可能・不可能の限界の見極めがうまい.
コスト効率の高い蓄電技術は,風力や太陽光などの自然エネルギー発電には必須です.
kWh単価,kW単価で,NaS電池と比べれば,リチウムイオン電池はコスト安といえる.問題点は,リチウムイオン電池はエネルギー密度が高い一方で,火災などの重大事故を発生する恐れがある.ボーイング787もそれでトラブルを起こした.また設置後も,時間の経過とともに効率は低下するため,定期的に交換する必要がある.これらメンテナンスも見越したビジネスなのでしょう.イーロン・マスクのセンスに脱帽.
また,交流・直流変換設備(コンバータ・インバータ)も必要.この電力変換効率も重要.
人気 Picker
みなさん、意外と知らない事実として、「電気は貯められない」ということ。普段からなんでも充電して使う生活に慣れてるから、なんとなく、発電所で発電された電気も、なんとなく貯められそうな気がしてませんか? 違います、リアルタイムに電気は、今あなたの目の前のライトなどで消費されてます。電気を作ることと、電気を消費することは、リアルタイム同時です。だからこそ、夏のエアコンピークは辛いし、春秋の夜間は電力が余ります。これが大規模に蓄電できるという未来社会は、電力発電と供給の観点から、本当に人類にとって画期的な社会課題の解決へつながるでしょう。
シーメンスでは、この方式は難しいと
考えています。

即ちグリッドをインテリジェント化する
事、即ちIoT化する事が大切です。

その他は、水素変換も取り組んでいます。
電池に貯めた電気は直ぐに劣化し、長期
大容量保存には向かない。

更に言うとこのレベルの電池は、危険
かつ寿命に問題があります。
「10万キロワット」のイメージが付きにくいので、調べてみた。
蓄電池として有望視されているNAS電池の事例で見ると、日本ガイシが昨年九州電力に納入したNAS電池は、①のリリースを見ると「世界最大級」とある。それが出力5万キロワット、容量30万キロワット時で、一般家庭3万戸の一日の電力使用量に相当する、とのこと。
電力は単位が分かりにくいのだが、英語記事(②)もみると12.9万キロワット時(129MWh)という表現があるので、上記前提でいうと約1万戸分程度だと思う(計算や自分が勘違いしていなければ…)。
ただ、停電時の電源ではなく、再生エネルギー活用するなかでの電力安定化によって停電を防ぐことが目的なので、NAS電池と比較して出力が大きく、容量が小さいということなのだろう。
http://www.ngk.co.jp/news/2016/20160303_01.html
http://bit.ly/2sTRe9e
まず単位が間違いですね。
キロワット(kW)は瞬時電力の大きさであり、蓄電池の容量であればキロワット時(kWh)が正解です。


そして、ここには蓄電池の充放電に使用するコンバータ(電力変換器)の仕様が書いていませんね。

コンバータは、充電時は交流電力を蓄電池の直流電力に変換し、放電時は直流から交流に変換する装置です。
コンバータの容量は、充放電のスピードに大きく関わる装置です。

いくら蓄電池の容量が大きくても、コンバータの容量が小さければ、電力系統の変動を蓄電池で吸収することができません。

よって、この蓄電池が適切であるかどうかは、現時点で判断はできません。
みなさんが書かれている通り、電気は保存できません。僕もこれはずっと不思議に思っていました。

何故なら「えっ?バッテリーってあるでしょ?」と思っていたからです。でもよく考えてみると、バッテリーは電気で化学反応を起こし、その逆で電気を再発電しているだけ。

電解質が液体ではなく、固形のNAS電池などもあり、これは容量も大きく工場などで使われていますが、基本は化学反応で発電を再現しているものです。

ダムなどの揚水式発電も、水を高いところに貯めておき、電気が必要な時に放水し、位置エネルギーを電気に変換しているだけなので、これもある意味大きな電池と言っても良いでしょう。

化学反応も自然放電があり、大容量の電気を化学反応て貯めておくことは非現実的です。

必要な時に必要な電気をどれだけロスなく再現できるか、自動車メーカーも燃料電池車や電気自動車などで挑戦しています。

自動車の場合はそもそも運動エネルギーを生み出しているので、回生ブレーキなどを使い、運動エネルギーをどれだけ回収(再発電)できるかをハイブリット車などで研究し、地道ながら進歩を重ねています。

テスラは電気自動車のバッテリーをリサイクルし、これを蓄電に用いるビジネスモデルを展開しています。太陽光パネル事業も全ては電池、電気の有効活用を目指したもので、全ての事業が一つにつながっています。さすがです。
今度発売する新モデルの車に積む新型電池のテストする為かなと疑っています
イーロンマスクは本当にマーケティングがうまい。
10万kWで世界最大という話題性は、バッテリーの蓄電性に注目を集めるのに十分。

マスクが昨年発表した発表した「マスタープラン・パート2」では、EVの生産効率5-10倍の他、テスラブランドで、EVを乗用車からバス・トラックにまで拡大させる構想、そしてソーラーパネルとバッテリーを組み合わせるパワーウォールの構想が述べられている。

マスタープランの核となるのが、5200億円を投じパナソニックと共同で運営するバッテリーの巨大生産工場「ギガファクトリー」。
大量生産でバッテリーのコストの大幅低減を狙うこのギガファクトリーは、テスラのニューモデルModel 3や、今後のマスタープラン構想を成功させるのに絶対外せない設備 (ちなみに発表では、ハムスターが300億匹入る大きさだそうです)。

100MWの蓄電設備。
1日数時間バックアップとして使えば2-300MWhの能力。これはモデルXの大容量モデル数千台分に相当するバッテリー使用量。
再エネと組み合わせで蓄電設備がもっと増えれば、バッテリーの需要は大幅に上がるわけで、その意味で電力業界でテスラのバッテリーを活用させるマーケティングは正しい。

マスタープランパート2
http://jp.techcrunch.com/2016/07/21/gallerydr-elon/

ギガファクトリー
http://gigazine.net/news/20160728-inside-tesla-gigafactory/
これで大規模な停電をカバーできるものではなく、経済性のある投資でもないと思いますが、テスラにとっては電気の新しい市場を作り出す(世の中を変える)ための先行投資でしょう。お金があって羨ましいですね。
時価総額
6.79 兆円

業績