新着Pick
2493Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すげぇわかりやすい!
一番重要だと思うのは「優待」と言われるものが、永続性があるもの(なはず)という点。そうでなければ、一度きりのサービスのオークション市場と変わらない。当たり前だが、一回なのか複数回なのかで、サービス価値は全く違う。
にも拘わらず、上場廃止になったときの権利などの整備がされているように見えない点が、個人的には少なくとも金融商品・金融類似商品としては不十分だし際どいと考えている点。
https://newspicks.com/news/2336208?ref=user_100438

ちなみに、会社というか法人格は永続すべきかはともかく、永続可能な形態。一方でVALUは人といういつかは死ぬもの。価値計算を本当にできるのであれば、基本的に時間がたつほど価値が下がる性質(償還される負債ではないし)。持続的に持つと損する商品性質を内包している。
VALUとは?という解説記事がここ最近溢れていたけど、その中でも群を抜いて超わかりやすい、VALUとは?解説記事。クラウドファンディングとの違いが明確になってることと、やはり最後は握手会だろういうキラーコンテンツのあたりが、納得。
発行体としては上場ゴールを目指すか、それとも長期的な自分自身の研鑽と優待を通じたバリューアップを目指すのか、また購入者はアービトラージを狙うのか、それとも長期的なコミットメントを図るのかによって、その人の個性と思想が表れますね。
長期目線でバリューを上げていくという観点では、インディーズバンドなんかとは非常に相性が良いと思います。ライブへの優先招待等、優待も設計しやすいですしね。
現時点ではまだ時が経っていないので、上場ゴール、アービトラージに目が向いてしまいがちなのは仕方ありません。市場は最初、投機熱から盛り上がるものですからね。
「長期感」を醸し出せるまで(3年くらい?)、サービスが致命的なトラブルなく運営を続けられるか、廃れないか、刺されないか、そこがポイントでしょう。
運営側としては、あまり株式とのアナロジーで説明せずに、あくまでファンクラブ的な支援の一形態であるという説明をした方が穏便に事が運ぶのでしょうが、それだと一般からは理解しづらいのが難しいところ。

株式との違いで言うと、人間には寿命があるという指摘はその通りですが、そもそも私は株式市場における「ゴーイングコンサーン」というお題目は幻想だと思っています。だいたい、人間の平均寿命より長く続く会社なんて世の中にどれだけあるのでしょうか。
逆に、発行体の寿命を気にしなければいけない程度にVALUが存続していれば大成功でしょう。

買い手のリスクとしては、発行体の飽きやすさ以上に、ビットコインの価格変動やVALUのサービス存続の方が、より大きいんじゃないでしょうか。

参加者がリスクを理解して参加する限りにおいては、ICOにしてもVALUにしても、私は非常に面白い社会実験だと思います。
VALUのいわゆる発行体が、「最初から上場ゴール狙い」 or 「すぐに飽きてしまって + レピュテーションを軽視する人」なら、サービスの継続性は無くなり、1-2年で終わり。

株式会社なら、ダラダラした経営者を議決権を通じてキックアウトし、意思決定を支配できるため、万倍優れています
とてもわかり易いです\(^o^)/

対価がすぐに支払われる分、クラウドファンディングより安全性が高いように感じます。
約束のないVALUが乱立して、買い手もキャピタルゲイン狙いのみの、"不健全な人身売買"ってイメージだったけど、こういう使い方なら納得か。結局"ダフ屋"は横行するだろうけど。面白そうだから参加してみようかな。
VALUの優待、僕もはじめてみました。

一つ運営の方に要望があるとすると、ぜひメッセージ機能をつけてほしい。オーナーとしては、VALUを買って下さった方に直接御礼のメッセージをお送りしたいのですが、現時点での仕様だとそれが叶わず、タイムラインに投稿するしかない。タイムラインだとメッセージが届いているのかどうかもわからないので、ぜひメッセージ機能は早期に導入頂きたいです。
これは非常にわかりやすい。
分かりやすい。もののkatoさんが「継続的価値でないとクラウドファンディングと一緒」というのは鋭い視点と思う。違いとしては取引可能で値上がり値下がりすることですかね。そうなると「人の株式」みたいな概念というよりは「権利のオークション」みたいな意味合いが強くなりそう
継続的な権利だとすると、ある意味「クーポン」がつくということなので、将来期待されるクーポンから割り引いて価値を出すという企業の株式と同じような性質になっていきますが、将来の約束がきちんと履行されるかに強制力はないので、そこはファンとして信じるしかない、という領域なんでしょうね