新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本版NCAA設立に向けた動きがいよいよ本格化しますが、本家アメリカのNCAAのコピーを作る事が目的では無いと思っています。
後発組の地の利を活かし、欧米の課題も理解した上で、日本に合った組織にできるかどうかが重要だと考えます。
日米の価値観の違いが面白い。高校野球でリクルーティングにとりわけ力を入れているのが大阪桐蔭。高校と大学で同列に語れないところはあると思うが、大阪桐蔭では各学年20人までと受け入れ人数を決め、全員が寮生活を送る。そうして強豪校となり、密度の濃い環境を作り出している。野球留学には賛否両論あるけど、個人的には、高校生にして親元を離れて生活する覚悟はすごいと思う。
自分も、NCAAの傘下であるハーバード大学のサッカー部でサッカーを4年間プレーし、高校時代実際に監督にリクルートされ、UnofficialとOfficial Visitをした1人です。
細かい話をすると、高校サッカーの試合に大学の監督がリクルートしにきても、直接話してはいけない。親と話してもいけない。電話であれば好きなだけかけていい。など色々なルールがありました。

実際に経験して思ったこと、それはNCAAがあるから大学スポーツが産業として発展していて、だからどの大学も部活にお金をかけて、だからどの大学も立派なスポーツ施設を持っている、ということです。

自分が数ある大学の中からハーバードを選んだのも、天然芝2つと人工芝1つ、冬にはドーム施設もあり、環境がよかったからです。
今後、中堅以下の大学がスポーツ強化によるブランディングを強化していく流れになりそうだと考えています。
そもそも、リクルーティングがどのようなルールに基づいて行われているのかは、全く理解できていないので、この後の連載が楽しみです!
NCAA=ビジネス

という枠組みで考えると崩壊すると思う。

そうじゃなくて、

NCAA=ガバナンス

という土台を築き上げてから。
全てはそこから。
NCAAのビジネスにとって2大スポーツであるフットボールと男子バスケットボールでは、現在高卒選手のプロ入りが認められておらず、それが大学スポーツの盛り上がる要因でもあります。日本でもプロ野球球団のスカウトが高校野球から社会人野球までチェックしていることを考えれば、NCAAで最も重視されるのがスカウティングである、というのは納得感があるのではないでしょうか。(さらに大学生の場合、スター選手がいたとしても所属できるのは長くて4年間ですし)高校生サイドとしても、日本と比べ格段に高い大学の学費を賄う奨学金を手に入れることは、その後の人生を考えた上で大きなアドバンテージとなるはずです。

スポーツ✕ITの世界で生きる者としては、この背景から累計$100Mを調達するHudlのようなスタートアップが生まれる舞台を作りたいものです。
カレッジスポーツ「ビジネス」を、Athletic Director(AD)を頂点とするプロフェッショナル人材が超営利的に回す代わりに、学業本文を守るルールや過度な獲得競争に関する規制を定めて歯止めを効かせているということかと思います。

日本版NCAAでは、各校の体育会や競技連盟という組織は伝統的に「事務局」として規制側の役割を担ってきました。そこに無理やり「ビジネス」要素を組み込むのではなく(適材適所に反する)、別途学生スポーツビジネスを担う組織・人材を作って両輪で進めていくのが良いと考えます。
大学スポーツが、大学のイメージを変え、校風を変え、学ぶ姿勢や態度を変える影響力のあるコンテンツであるだけにガバナンスを確り築くことが必要。

ブランド変化を通じて、経営財務を変え、経営方針を変える可能性を持つことは、箱根駅伝、野球、ラグビー、アメフトなど事例は豊富。

一点、気になるのは、各競技ともOBが多い組織ゆえに、ルール整備に奔走され、クリエイティビティが失われた組織となること。また、予算の多く確保できる首都圏大学と地方大学の格差が広がること。デザイン志向を持つ人材も参画して、若い人材が多様なアイデアを出して、競技の魅力と大学の魅力高める制度を構築していくことが必要でしょうか。

大学生もインターンとして参画したくなるビジネスではありますね。
日本でも大学野球なんかは地方私立大学ががっちりとしたリクルーティングの仕組みを組んで全国クラスのチームづくり、プロ選手の輩出に成功しています。上武大学や国際武道大が良い例です。日本版NCAAの重要な部分はリクルーティングだけでは片付けられないと思っています。むしろ競技の強さよりも見せ方、盛り上げ方の問題。夏の甲子園の総観客数はすでにNCAAバスケと対して変わりません。