新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

389Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
“大人のインターン”事例としてNTT西日本→ランドスキップに「レンタル移籍」中の佐伯さんを取り上げていただきました。

つまるところ、キャリアの非連続性をどれだけ意図的に設計できるか、が重要なのだと思います。スタートアップの場合には、事業や組織自体に非連続性が内包されているので、おのずとそれを手にできるケースは多いのですが、完成された組織にはその機会がなく、既定路線のキャリアに限定されてしまいます。

そして、その非連続性を篠田さんや酒井さんのようにストーリーをもって語ること、一貫した意味づけをすることが、記事中にある「スキルを総動員して仕事をする」ということに繋がるのではないかな、と。

このような動きを、個人が選択していくことも重要ですが、一方で、企業も個人の非連続性を推奨しはじめているというのが、もう一つ、注目すべきポイントだろうと思っています。

それは個人のパラレルキャリアは企業のイノベーション創出というテーマと密接にかかわっているからです。個々の内側にあるダイバーシティを、企業がどのように開発し、引き出し、イノベーション創出や生産性の向上につなげていけるか。企業にとって、「人材」による競争優位の獲得は重要性を増すはずで、副業解禁などに限らず、今後より多くの取り組みが生まれてくるのだろうと思っています。

特集内で取り上げていただいた「大人のインターン」サービス提供者も、「越境学習」というくくりで横でつながりながら、良い価値を提供できるように動いています!!
人気 Picker
【自分がポータブル】厳密に40歳が節目かどうか分かりませんが、誰も手掛けたこのない仕事を、教えてくれる先輩のいない状態で、成果を出さないといけない。そうなったら自分の持てるすべてを総動員せざるを得ない。

すると、当然、「その人ならではの仕事」になります。ということは「他の人には引き継げない仕事」になる、ということでもあります。

私は幸運にもほぼ日CFOという打席が回ってきました。前任者もいませんでしたから、私のできることをせいいっぱいやったら、今の形になった。イメージとしては、平らな粘土に手形を圧したようなものです。

私の次のほぼ日CFOは、私とはスキル、経験、人格、すべて違うし、そのときの会社の状況も私の経験時と違うので、当然、その人にあった形に再構築するわけです。私の圧した手形に合わせる必然性は、ない。

組織では一般的に、「誰がその業務を担当しても同じ成果が出るように、仕組みなどを整備する」ことを理想とします。特に若手の時に経験する業務は、そうした前提にたっています。そういう設計になっているから、新卒を毎年配属できるわけだし、人事異動もスムーズになる。組織の前提は、それ自体が悪いとかいうことはありません。

働く人自身も、組織をマネージする人も、「自分ならではの仕事にする」「誰がやっても同じ成果が出るようにする」という一見相反する2つのモードを理解し、業務の中で、あるいは時間軸の中で、2つのよいバランスを見つけていくのかな、と思います。
篠田真貴子さんの、「20代、30代はポータブルスキルを身につける。40代からは自分をポータブルする」に、激しくLikeです。
私にとっては、35歳で迎えた東日本大震災がその転機でした。
バーテンダーで身につけたコミュニケーション力。マッキンゼーでの問題解決力。起業して得た事業構築力。これらを総動員して、「復興コーディネーター」という仕事領域を創っていきました。
キャリア初期は、何につながるかを考えずに目の前の仕事に懸命となり、実績を1つずつ積み重ねる。そうして得た力は、ミドルに訪れる機会に必ず役に立ちます。
スティーブ・ジョブズはそのことを「コネクティング・ドッツ」(点と点がつながる)と表現しました。
変化スピードが速くかつパラダイムシフトが起こりやすい社会では、基本的なスキルが必要なことは変わりません。ただ、その上に積み上げていくスキルについて考える必要があります。

ある方が人の能力について、次のような例えをされていました。人全体を高層建物に例えると、1、2階部分(基礎的な能力)はコンクリで作られ変わることはない。ただ、その上はプレハブのように、社会情勢を見極めながらスキルを次々と習得する一方、使わなくなったスキルを「Unlearning」していく必要がある。そうでないと、社会からの要請に応えられない、と。

学びにおいては、今後はそのUnlearningについてもより焦点が当てられるのではと私自身は考えています。

自分のやりたいことと社会をどう結びつけていくか。これから更に重要で、学び続ける人とそうではない人との差が歴然としてくるのではと個人的には考えています。それがテクノロジーによって可視化されることも想定されます。
マッキンゼー、ノバルティスファーマという外資系のガチガチにロジカルな世界から、40歳のとき、あえてまったく違う文化、業種の「ほぼ日」に飛び込み、昨年は同社をIPOに導いた篠田さん。異業種転職の理由とは?

電通のトヨタ自動車担当だった40歳までは「暴君」で、今とは「別人格」だったという酒井さん。究極の会社人間が6つの肩書を持つ、ポートフォリオワーカーになった理由とは? 

「大人のインターン」の事例やサービスなども紹介しています。
目の前にある仕事に全力で取り組むのが第一だと思います。
その経験が「ポータブルスキル」になるかどうかは、将来的にはわかりませんし…。

きっちり効率よく働く習慣さえ身につければ、白紙からでも何とかなると思います。

幕末に一生懸命オランダ語を勉強していた若者たちが、「これからは英語だ」と言われて呆然としたそうです。
しかし、懸命に努力する習慣が功を奏して、新しい時代でも活躍できたとか。
今、岐路に立たされる40代にとって、とても価値ある内容です。

私は7年節目でキャリアを考えております。35歳から41歳は「探求者」で、自分の専門で力をつけていく時期。42歳から48歳までは「破壊者」で、自分を守ってきた「枠」を壊し、広い世界へ飛び出す時期です。枠を超えてはじめて、一生夢中になれる「ライフワーク」が見え始めます。

「時短促進」「副業オーケー」のトレンドの裏では、
自らが主体的になって社会に価値を創造していける人と
このまま企業に消費されてしまう人とが、選別されはじめているように感じるのですが、いかがでしょうか?
「毎日、必死だったからこそ、退屈しなかった」とのこと。面白いことは熱中し、熱中するからこそ成長するのだと思います。とにかく「面白そう」と思うことを追求したいものです。
篠田さんの言う「40歳以降は、自分の全経験や全スキルをポータブルする年齢」ってコメントに目から鱗。確かに気がついたら、そういう働き方してる。40代は専門家のようで、オールラウンダーだ。

そして、酒井さんが言う通り「40歳前後の4、5年は、節目の時期なだけに、ほぼ全員がモヤモヤするもの(笑)。みんな、自分だけが辛いのだと思いがちですが、全員辛いので、安心してくださいと言いたいですね」そう思って頑張るのが40代。私も40代は辛いものだと言い聞かせて、自ら新しいことに挑戦するようにしてます。

「タフ・アサインメント(きつい仕事への任命)」による経験学習が紹介されてますが、0代までは与えられるタフ・アサインメントで良いですが、40代は自ら「タフ・アサインメント」を作り出したり、取りに行かないといけないですね。

私の40代もあと5年。もっともっと貪欲に学んで行きたい。
結局、これまでの日本の働き方は「2~3年でやることは変わり、その度に偉くなる」ことが前提なのでその間に積み上げる専門性は二の次だったと思います。途中、「私はイケているとでも勘違いしていたことが原因だ」という発言がありますが、そう思わせる経験をしなくても今までの日本型雇用では済んでいた側面が大きいように思います。勝手に偉くなり、定年まで到達すれば「勘違い」は「勘違い」ではないままキャリアを終えられます。
 間違いなく言えることは、今の若年層はもうそのような時代ではないことを自覚しているので学生時代のスペック獲得に余念がないでしょうし、実の所、こうした記事からも新しく学ぶものはないと感じているのではないでしょうか(「40歳サバイバル」ですから、記事の趣旨からすればそれでいいのだと思いますが)。
雇用流動性が低い中で、大人のインターンはもっと増えるといいと思う。外部に出ることで、自分が何ができて何ができないか、組織の何が良くて何が悪いか、客観視する機会になると思う。
あと「40歳節目論」というか「自分のすべてを総動員する」ということは、逆に総動員してもできないことを任せるということと表裏一体だと思う。スキルの世界で生きていると、スキルの上昇が昇進につながる。一方で、業務範囲が広がれば、自分にできないこと(スキルや時間)が必然的に生まれてくる。周りを育て・任せ・頼りにしなければ、責任を果たせなくなっていく。そこができないと、スキル部分でしか評価されず、節目を超えるのが難しいのかなぁと思う。
この連載について
40歳は不惑の年と言われるが、現実には惑うことばかりだ。体力は全盛期より衰え、育児や介護など家庭責任が重くのしかかる。仕事もいま現在は「働き盛り」だが、キャリア人生を山だとするなら、あと一山も二山も乗り越えなくてはいけない。ましてや人生100年時代の到来すると言われる。寿命が伸び、年金支給年齢も上がれば、健康寿命の70歳代まで働く時代が当たり前になるはず。となると、40歳はまだ長いキャリアの折り返し地点にも来ていない。では今後、第二、第三の働き盛りを作るためには? 「40歳=若さで勝負することも、貫録で勝負することも難しい年齢」がサバイブしていく方法を模索する。