新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世間ではEVの意味が理解されてないように思う。

再生可能エネルギーが画期的に増えないかぎり、EVに乗るというのは(発電源として)原発を容認するか、化石燃料を燃やし続けてCO2を出すしかない。
これ間違ってますかね?
これは親会社(吉利)の方針で、親会社は中国政府の方針に従ってるというだけですかねぇ

斎藤さんとマニさんに同意しますねぇ
トヨタをはじめ日本メーカーは、新規参入者と横並びになる電気自動車に移行するのか、これまで蓄積した技術の優位を守るために水素やハイブリッドに留まろうとするのか。テレビが液晶になって日本メーカーの優位性があっという間に失われたことの二の舞は防いで欲しい。
(一部訂正しました)
思い切りましたね。またそうせざるを得なかった経営環境だったのでしょう。日産には追い風ですが他車種へのEV化がいかにも遅い。e-powerが好調なら他車種にも展開したら良いのにそれもやらない。車は開発に時間がかかる。二、三年前にどんな指示を開発部門に出していたか、これから結果が出る。
スウェーデン・ヨテボリのVolvoに行ってみると中国カラーがほとんど見えませんでした。このあたりはスーパーセル(Tencentが買収)にしても同じかもしれません。
自動車の機関も多様化の時代だから、生き残るためにいろいろな取捨選択があっていいと思います。真意は「ニーズを追求した結果」なのか「生き残るための取捨選択」なのか。
ボルボの規模ならではの戦略ですね。
フォードの傘下から抜け、自前でアイテムを揃えなければならない状況で、既にエンジンのもガソリン、ディーゼル共通ブロック、共通排気量とした上、過給器のみで松竹梅とする方針ですし。

あとは電動化の割合で松竹梅しかないですものね。
かつての「安全のボルボ」。ここまで分かりやすい事をやらないとボルボはブランドとしては生き残れないだろう。
あるいはオーナーの中国の会社のブランドとの(開発)シナジー効果を狙ったか?
中国系ということで当然の流れなのだろうが、EVへの流れはどんどん進む。ちなみに実際にEVに乗ってみると、全然問題ないというか、むしろいいですよ。
省燃費と環境規制を内燃機関で乗り切れないところはEVに移行するしかない、そんな背景がここにはありますな。
しかし、時代の風は明らかにEVに吹いてる感じ。

業績