新着Pick
446Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
松岡先生が集めた皆さんは、とにかく面白かった

僕自身も皆さんの意見にメモが山積みになるくらい鋭い視点の数々
その中で、僕自身も沢山勉強になったんですが、自分もこの壮大なテーマに必死になって頭をつかっているので物凄い視座や視点が変わっていくという非常に貴重な経験をさせて頂きました
正直に言えば、お客さん気分や批評家のようなスタンスで最初臨んでいた面があったのも事実ですが、僕自身は菅原次官や若手の皆さん、そして有識者の方々との議論を通じて持ち前の圧倒的当事者意識を引き出されていったように思いました

官僚の方達のディスカッションペーパーも、非常に鋭い指摘が沢山あって、一つ一つが重たいし、適当にはあしらえない事実ばかり
わかった気になっている方が怖いというか、断ずるのは簡単ですが、当事者であると思えば本当に難しいトレードオフの数々
その中で、こういう論点を世の中に提示した事を、まずは評価したいと僕自身は思っています
というのも途中までは、正直なんとも言えない単なる事実の羅列だったわけで、ここからどう動くか?動かすか?が、次のステップでは重要になってきます

ただ、それは別に若手官僚だけの話ではないと僕は思っていて、我々の問題でもあるわけです
問題を引き受けて、どう動くか?は民間の我々にだってできるはず
むしろ、今回感じた事は、明らかに外側からハックしていく方がスマートだなという事です
既成事実の方が、明らかに国の認識より常に先行するという当たり前の現実を考えれば、我々にできることの方がはるかに大きくて速いかもしれないと思ってます
若手官僚を取材すると、「衝撃を受けた」と打ち明けた、松岡氏らとの意見交換会。特に同世代の情報学研究者であるドミニク・チェンさんには大きなインパクトを受けたようでした。

私にとっても、2時間以上にわたり、松岡氏に、質問、疑問、思想をぶつけ合させてもらった思索の機会は、あまりにも貴重な経験でした。国家、官僚、経済だけでなく、カルチャー、音楽にまで話は及びました。

業界の重鎮であるにもかかわらず、周りに集う研究者や経営者が、世代を超えている理由が一旦ながら理解できました。

今回は、特集の趣旨に鑑みて、記事に掲載する内容を、経産省ペーパー関連にしぼりましたが、古今東西の思想家、経営者に及んだインタビューの内容は、機会を捉えて、今後記事化していきたいと思います。

7日間に及ぶ特集をお読み頂き、誠にありがとうございました。
目の前にある現実を受け入れて政策提言するばかりでなく、なぜそういう現実があるのかという原点を問い直すところから発想する。それが出来ていたのが、嘗てのエリートだったのだと思います。しかし、そのためには、教育システム、もっと言えば、横並び重視の社会を変えなければならないと感じます。いわば、昔の旧制高校のように、若い頃から古今東西の書に親しみ、哲学を論じ、山に登り、思考を深めて行く環境が今の日本にはない。エリートを育てるという発想がなく、画一的な価値観の中で皆が横並びで受験勉強に没頭し、いい大学に入れれば終身雇用と年功序列というこれまた画一的なシステムに安住するように出来ている。日米安保というシステムを所与とし、そこに安住して思考が停止してしまうのも甘えだ。乱暴な言葉かもしれないが、皆が平等に大学に行く必要など全くない。真のエリート、突き抜けた人材を評価し、育てる仕組みを復活させるべきではないだろうか。
うーん、難解ですが、刺激がありますね。わかり易いオチがつく特集でもないと思いますし。

「日米同盟がなくなったらどうするか」というのは例えばの問いではなく、リアルなものだと思います。どこかの時点で、霞ヶ関の若手もそのことをヒリヒリと意識しながら仕事をする日がくるかもしれません。また、一つ前の記事の高橋大就さんのように「ヤバイ」と感じて、霞ヶ関を目指す人がどこかにいるかもしれない。

「テクノロジーが国家を凌駕したらどうするか」というのもリアルな問いで、欧米では(おそらく中国でも)真剣に議論がされています。私も関心があるテーマです。

例えば、ベーシックインカムでも、国が行う場合と、それとは別の主体によってユニバーサルベーシックインカムとして実施されるのでは、かなり異なります。

この激動の時代には、「本質的な問い」+「行動力」が、霞ヶ関でとても大事になると思います。
気概が必要だというのは理解できます。

しかし、官が天下国家を論じる時代は既に終わっていると思います。
戦後、一貫して官が民を主導するという姿勢を維持しようとしてきたのが日本の官僚たち。

もはや、民がルールを遵守するのを見守り民の妨げにならないようにするのが、国の在り方だと思います。

民間活動を大局的な目線で見守る度量が必要になっていると思います。
松岡正剛氏といえば、「編集工学」ですが、このアナロジカルな思考による様々な事象とレイヤーへの行き来は、松岡氏の著書では読んでいたものの、想像を超えるものでした。

今回投げかけれた「発生に立ち返れ」「コンティンジェンシー」「世界知と個人知の間」は、若手官僚だけでなく、多くの人に思考を開始させる問いかけではないでしょうか。
あまりにも刺激的な取材でした。
#7高橋大就さんのインタビューと同時に読んでほしい内容です。
文脈/物語を創ろうとする人は官僚を辞めていて、創るのではなく知ろうとするだけの人が官僚として残っているように思います。
やはり、本当の意味でのリボルビングドア(回転ドア)の仕組みを、日本政府にも導入する必要があるのでしょうね。
久々に松岡正剛節を聞いた気がします。日曜朝から脳みそを引っ掻き回された、清々しい気分です。

「もし日米同盟がなくなったらどういう風に考えるんだ」
この質問にも代表されるように、これからはWhat if(もし〜が起きたら)を常に想定しないといけないでしょう。その答え、いや道筋をひねり出すのは歴史、哲学などの古典から学ぶ経験則と、世界レベルで違いを前提にあてはめのできる想像力でしょう。プラスそれを追求できるだけの精神的体力。むかしの旧制高校って、どんな感じだったんでしょうね。真の意味でのエリート養成システムを構築しないとヤバい時代にきているのかもしれません。
官僚たちの「逆襲」。新しい概念や新しい人の出現を知ることのできたいい特集でした。ありがとうございました。

おまけ。
そういえば先日まで放映していた関テレ製作ドラマ「CRISIS」も国家に対するメッセージを隠し持っていましたね。
このインタビューを読むと、松岡正剛氏の、新国家像づくりの序章がはじまったことがよくわかる。コンティンジェンシーが議論の基盤に置かれていることで、単に「意見交換会の座長」を引き受けただけではなく、ここで生み出された「言葉」が、日本という国家が自ら変革をはじめる流れ、そして、それをきっかけに、世界があるべき方向性へと流れはじめる道筋を、松岡氏は設計していたのではないかと思う。

このようにコンティンジェンシーを踏まえたうえで、ダイヤログを進めると、通常の理解を大きく超えた変化を引き起こす。それが、今回、この若手官僚によるペーパーが、大きな反響となった理由だ。

松岡氏は、当然、このような現象を観察しながら、次の展開 ーー 若手による、新時代の、本格的な幕開けを見通している。

この「議論」の参加者が、どこに配置され、どんなプロジェクトに関わるか?

その具体的な現象化を、将来、みたときに、「このペーパーに何を目論んだのか?」という松岡氏の頭の中が、はじめて分かるだろう。
菅原次官が「大平政権のシンクタンクのようなことがしたい」と言ったという。官僚出身の知性派である大平首相が都市開発や安全保障などで日本の知性を集め政策を練った。その再来を目論んだ次官の動機がポイントです。単発に終わらせず、システムにしていく必要はないでしょうか。
この連載について
日本の政治・経済を支配してきた「官僚」たちに異変が起きている。長らく続く日本の停滞、また官邸主導の統治体制の中で、「忖度」ばかりが目立つようになった。今、日本のプレゼンスが世界的に下がる中で、国家の中枢を担う官僚たちは何を思うのか。新たな「国家像」に賭ける、特に若い官僚たちの新たな動きを追った。