新着Pick
157Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一口に塗料といっても、自動車、船舶、航空機、建物など用途によって求められる技術や水準感が異なり、メーカーの研究開発の努力が窺えます。

自動車の塗装技術では、マツダのアクアテックもよく取り上げられる事例です。従来塗装のスリーウェットオンをさらに進化させ、ボディ面積あたりのVOC排出量15g/m2と世界最高水準に抑制しています。
http://www.mazda.com/ja/innovation/technology/env/other/paint_tech/
Mani Gさんの動画が圧巻(有難うございます!)。
本記事は自動車用塗料をメインに書いているが、建築用塗料とは同じ塗料でもなかなか状況が違うのが、とても面白い財。記事にあるように自動車用は特に技術要件が高い。
①のみずほ銀行産業調査部のレポートの81ページに中国での建築用塗料と自動車用塗料のシェアの状況が出ている。自動車用は寡占度が高く、建築用は分散していることからも、それが伺える。
一方で、建築用についてはいまだにシェアが相当に分散している事実も興味深い。再編は進んできているが、まだ地場メーカーが多い。技術力と地域密着(≒販売力)のバランスでは、要素として後者が結構重要ということの示唆だろう。
http://bit.ly/2suqh0o
塗装の重要性とともに、自動車産業の厳しさがうかがえるテーマです。
塗料メーカーと自動車メーカーの共同開発で自動車の塗装工程は大きく変わっているようです。かつては4C3B(4回塗って3回焼く)だったのが、近年では3wet(中塗~クリアを塗って最後に1回だけ焼き付ける)も一般的な手法になりました。
開発は相当大変だと思いますが、塗装メーカーの業績からは単価が大幅に上がっているようには見えません。
自動車で培った技術は他の用途にも活きるとはいえ、塗料業界全体では再編の波もあるようですし、難しい業界と感じます。
車の塗装は車体の保護が主な機能ですが、あの美しいボディの光沢のために、塗装膜の光の波長ごとの反射率や透過率が綿密に計算されています。
そして重量やコスト削減のためにより薄く塗る必要がありますが、それを均一な厚さにすることは非常に高い技術を必要とします。

塗装の技術は面白く、奥が深いです。
いい記事レポートだと思う。
確認してほしいが、クルマの塗装は電着だったはず。
少なくとも、数年前は工場見学で見た。
今はどうなっている。
あと、ADASで、塗装と電磁波が大きな課題になっている。
ボデー全体で、電波を受けたりするから。
そこも切り込んでほしかった。大事なポイント。
これは面白い記事デス。

ここまで塗装についてきちんと書いていただくとお世辞抜きに勉強になります。
CO2がねぇ。。ファーネスの熱もですが
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
21.7 兆円

業績

関西ペイント株式会社(かんさいペイント、KANSAI PAINT CO.,LTD.)は大阪府大阪市中央区に本社を置く総合塗料の製造販売企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,891 億円

業績

日本ペイントホールディングス株式会社(にっぽんペイントホールディングス)は、大阪府大阪市北区に本社を置く日本ペイントグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
2.49 兆円

業績