新着Pick
827Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕の同期生、それも飛び抜けて優秀な学生も、たくさん官僚になったのですが、そろそろ退官の時期を迎えて複雑な思いを抱く者が多いようです。官僚は公僕としての矜持を持ち、誇りを持って働けるようでないと心が折れてしまう。政治主導もいいけれど、そこは官僚のプライドを傷つけるものであってはならないと思う。特に昨今のように、ろくでもない政治家が上に立つ場面が多くなってくると、なおさらやってられないよという気持ちにもなるだろう。政治家のレベルを上げる工夫が必要だ。加えて、官僚・民間企業・政治家・ファンドなどの間で回転ドアのようにキャリアを積んでいく仕組みをきっちりと整えるべきだ。官僚も世間知らずでは困るのです。
都議選の結果は衝撃的でした。官邸の舵取りが、民意に大きく影響することを改めて痛感しました。

官僚とメディアの付き合いは、基本オフレコです。特に、新聞・テレビの記者たちは、日々、記者クラブを通して官僚と接し、多くのオフレコ情報を手に入れています。自分もそうしてきました。

ただ、前川元次官の”告発”と、経産省の「若手ペーパー」という政権から見ると全くベクトルの異なる最近の動きに共通性が合ったとすれば、それは「顔が見える」や「反匿名性」という点だと感じています。

フェイクニュース問題も大きくなり、情報の確度がわかりにくくなる中、「顔が見える個人」による発言や意見表明の重要性は増しています。今後もし、官僚の知恵や専門性が必要とされるのであれば、そこには彼らの姿がもっと見えることが必要になるのではないでしょうか。

それはひいては、批判もうずまく経済・産業政策への責任という観点からもより大きな意味を持つと思っています。
トップティアが志望しなくなったからと言って日本の官僚は超が付くほど優秀であることは事実であり、これを鼻から遠ざけた民主党政権が極めて苦戦したことを思い返したいところです。政治主導で一つの時代に区切りが付いたのだとすれば、時代は今一度、振り子が戻り始めるかもしれません。官僚機能の活用を今一度真摯に見直すことは自民党の足元を建て直すことにも十分繋がってくる基礎的な初動になるように思います。
一昨日のコメントを繰り返しますが、中央官庁は現役時代はそれこそ外資系並みの高い給料を出して優秀な人を集め、天下りなどは全てやめ、現役時代だけで生涯賃金を回収できるように変更してもらいたいと思います
これからは様々なテクノロジーの社会実装、また国をあげての海外での権益獲得など、官僚の仕事はますます重要になると思います
学歴だけで東大=優秀とは言いませんが、優秀な人が減っているのであれば国としては憂うべき事態と思います
海部内閣時代、大蔵省の用意したペーパーを海部総理が勝手に変えて読んだら、「いち総理大臣が大蔵省に歯向かうとは」と怒ったそうです。

それが今では「政治主導」になっています。
何と言っても人事権を内閣が握っているのが強みでしょう。

そもそも行政のトップは内閣総理大臣なので、政治主導は「あるべき姿」なのです。
ボスである主務大臣の許可も得ずに、「ご説明」という名目で国会議員たちを籠絡するようなことも平然と行われている。

国会のための待機を止めにして、官僚ペーパーなしの議論をすればいいと思います。
そのためには、失言で揚げ足を取らない寛容さが必要でしょう。
官僚たちの「夏」ではなく「逆襲」
政治も霞ヶ関も制度老化しているんだと思います。優秀な人がいるとか、今の官僚にも骨のある幹部がいるんだな、ということはよくわかります。あれだけ注目された都議選の投票率が大幅に増えたとはいえ51%だったり、内部告発まがいの元事務次官が出てくるなど、本来政治がやるべきことをやらないから国民にはそっぽを向かれ忠実かつ優秀な官僚から逆襲を受けるんでしょう。
どんな逆襲を考えているのかとても楽しみです
官僚の方々は長らく叩かれる対象でしたが、本特集はポジティブな議論ですね。

大親友が元官僚だし、ヒアリングを受ける機会があったり委員会を含め官僚の方々と個人的に相当数接してきました。個別の顔を思い浮かべると、共通して(大半は)地頭がよく基本マジメ、仕事のスタイルはとにかくマジメだったり策略家がいたり結構多様、省により特徴がややありの印象。
大臣が熱心だと大変だけどストイックに楽しそうに仕事をされている姿も印象的です。つまりボスによっても変わる。大親友は前任が過去書いた法律の文章を見るだけで、美しさや優秀さが分かると言っていたのも印象的です。

官僚の方がたはベースは真面目で意欲も能力も高い方々なので、仕事(役割)の定義づけで、大きく仕事のアウトプットが変わると思う。
国の財政が厳しい中予算を取ることが評価されるのではなく、せっかくの頭脳集団にどう活躍していただくか、とても大切。楽しみです。

もう5年が経ちましたが、国・行政の在り方に関する懇談会では若手が集められ行政の在り方を半年かけて議論した懇談会がある。表面だけ見ると経産省若手のペーパーと議論内容が被る点が多いが、官僚のスタイル・役割も変わるべき、(そして国民も変わるべき)という話もしています。プロピッカーの林千晶さんもご一緒させていただいた会議でこれをきっかけに今はお散歩仲間。よろしければ是非。http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kataro_miraiJPN/sum/micro.html
外務省11年半勤務→証券5年、ユーザベース/ニューズピックス2年の私としては、とても楽しみな連載。第5回「元エース外交官からスタートアップ」については、担当の森川記者に何人か外務省時代の知り合いを紹介をしました。きっと面白い内容になっていると思います。森川記者がきっと良い内容に仕上げてくれていると思いますので、ご期待下さい。

「官民の出入り自由」は、私が外務省に入省した99年当時からも言われていました。それから18年。かなりゆっくりとしたペースですが、人材の流動化の事例はみられるようにありました。

更に、官→民のあとに、更に官というパターンが欲しい。行政のノウハウを身に付けて、民間ビジネスの現場に行き、そして官に戻ってきて民が活性化する政策を実行する。官を経験して民に行ったから分かること、官に戻したいことは、私が外務省を離れて7年間、それは山のようにあります。

その逆も然りで、民→官→民も望ましく、こちらは、本人の意志で比較的やりやすいとは思います。

あとは、個人的には国家公務員は現在の1種、2種、3種を廃止して、3種以外は統合で良いと思っています。企業の総合職・一般職のように。

役所に入った後のパフォーマンスがいくら良くても、「ガラスの天上」どころか「はっきりと見える天井」が設定されています。無論、役所に入る段階でその差を十二分に承知して入るべきですし、後から色々言うのはどうかと思います。ただし、あくまで現行システムのなかの話しであって、本来は、仕事のパフォーマンスで昇進や、専門家として育つ、という仕組みになるべきと思います。

私は国家公務員を目指す学生に対して、1種が難しいから2種で入るという考えは、絶対にダメだと言い続けています。自分の役割や何をしたいかを考えて、どちらの職種かを主体的に考えて受験すべきです。私は東南アジアをやりたいという希望が強く、外務専門職試験(現在も旧外交官試験制度に近い形で残る。在外公館の専門調査員と間違えられることが多いが違う。他省庁でいう2種ですが、昇進速度は「1.5種」、大使や局長に就く人も)を受験しました。

あとは、海上保安官の人たちや自衛官の黙々と海や国を守る仕事の話しは、どれを聞いても心動かされる。外に発信しにくい話しが多いですが、人知れず、地道に治安や国防のために働く人たちがいます。
知は力なりですから賢い人はビジョンを実現する能力が高いです。問題はそこに愛があるかどうか。もしも誰のどんなビジョンを叶えるべきかという問題を誤れば、愛なき力が暴力となりえます。

少なくとも官僚に比べ大臣は選挙により選ばれた政治家つまり国民の代弁者なのですから「我々は、国家に雇われているのであって、大臣に雇われているわけではない」という発想は民主主義に反するし、愛なき力の暴走すら予感させる大失言かと思われます。
昔からの持論ですが、官僚の「キャリア」は、40歳で定年退職すべきだと思います。優秀な官僚は、再び採用して上のポストに就ければ良い。その上のポストは民間からの「天上がり」もありの「非正規」雇用体制にすれば、労働市場の活性化にもつながるでしょう。官僚が40歳の定年退職制度を設ければ、まだ働き盛りの人材の流出になりますし、民間企業も40歳定年退職へファローするでしょう。 75歳まで日本人が現役として働くのは結構だと思いますが、同じ組織である必要は全くないと思います。
この連載について
日本の政治・経済を支配してきた「官僚」たちに異変が起きている。長らく続く日本の停滞、また官邸主導の統治体制の中で、「忖度」ばかりが目立つようになった。今、日本のプレゼンスが世界的に下がる中で、国家の中枢を担う官僚たちは何を思うのか。新たな「国家像」に賭ける、特に若い官僚たちの新たな動きを追った。