新着Pick
436Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今の現業で回答者が判断してる限りは、全部NG。

上位に食い込む自動車メーカー、例えば1位のトヨタは昨年75周年を祝ったばかり。
トヨタの創業時の、昭和の初めに誰が今を想像できました?

パナソニックでも、来年がやっと100周年。
でも、創業期での電球やアイロンしか作っていないメーカーを、誰が100年保つと想像出来たか?

つまるところアンケートの一位は、「今無名の企業」が正しい。
100年後って。来年どのようなテクノロジーが出てくるか、それがどのくらい広がるかも分からないのに予測は難しい。
確実なのは100年後私は生き残っていないということ。
先日リンナイさんの工場見学に参加しましたが、2020年で創業100年を迎えるそうです。林さんと内藤さんか創業されました。ガスコンロや給湯器の会社として知らない方は少ないと思いますが、1970年には海外進出を既に行うなど国内需要が十分あった時代から先進的な取り組みを行っていたそうです。現在も品質を最も大切に考え、また内製化にこだわる経営をされています。

また赤福さんは今年創業310周年です。東京にも赤福をお好きな方も多くて個人的には嬉しく思っています。これからも変わらぬ味を守っていって頂きたいです。
モノ作りの会社が上がっているのはたぶん正解だし、皆さんのそうあって欲しいという願望が入っているのでしょう。

個人的には、すでに200年以上の歴史を持つ京都の中小企業が残ると思っています。味噌や酢、漬物、日本酒、お菓子の会社。どんなに生活がIT化しても、食はなかなか変わらないと思うんですよねー。特に日本酒は、その頃海外で引っ張りだこでしょう。
トヨタ、日産、ホンダの自動車メーカーが上位に入っています。
が、私は100年後にも自動車メーカーが残り続けるとは正直思っていません。クルマは増え続けるとして、それが旧来の自動車メーカーが供給するものであり続けられるのか、まったく予断を許さないと思います。
トヨタ、日産から「自動車」の文字がなくなったり、ホンダが他のメーカーと協業したりすることは、私が生きている間に、報道できる可能性は大いにありうると思います。
想像できないくらいフレキシビリティが高くなっていく中、100年後に同じ形をしている会社はほぼ無いと思います。そもそも『会社』ありきではなく、殆どの会社的なものは、もっとフレキシブルな『プロジェクト』に原点回帰している可能性も高いと思います。
日本中央競馬会
関西にある創業千年とかの和菓子屋なら後100年なんて楽勝でしょうね。

名前的には亀屋万年堂あたりも有望かと。(笑)
100年後に株式会社なんて残っているとは思えない。
リスクモンスター株式会社(Riskmonster.com)は、与信管理支援ASP・クラウドサービスを主に、与信管理に関連するコンサルティング事業、ビジネスポータルサイト、デジタルデータ化サービス等の各種BPO事業、教育関連事業を含むその他サービス事業を展開する企業。JASDAQに上場、証券コードは3768。 ウィキペディア
時価総額
89.5 億円

業績