新着Pick
509Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonにとってホールフーズのブランドは不要なものなんだと、Amazonとホールフーズの記事を見るたびに思います。
10万人の雇用が誰に対しての約束なのかということを含めて、この宣言にはなんら拘束力は無く、守る必要もないし撤回することもあり得る。将来的にはAmazonに吸収され、ブランドは表に出てこなくなる。それが早いか遅いかというだけで。Amazonのブランドは強大。過去にホールフーズを買収した、という事実だけで生鮮品も信頼を得る事が出来る。
アマゾンは、東京八王子にも最新倉庫を作っているところ。人員募集も始まってます。雇用に少し貢献してますね。
倉庫は無人になっていくんだろうなあ。。
お互いの強みを吸収して、レバレッジの効いた買収になるかもしれないですね。数年後の結果が楽しみ。
それぞれが好き勝手言ってる感じがするなあw
角井は、アマゾンが、ホールフーズマーケットとアマゾンフレッシュのロジスティクスを融合しようとするだろうと思っています。
スピード感を持った需給予測に耐え、発送するサプライチェーンには、人間は邪魔な存在でしかないと。

死の谷を超えるTry and Error の一環として、まずは自社の倉庫からなのか?それとも、物流こそ「強み」と意識して積極的な投資をするのか。

少なくとも、物販系のプラットフォームは、Amazonの一人勝ちはほぼ確定しているので、生鮮食品を取り扱うに当たって、さらに自動化を進めているのではないでしょうか。
ロジスティクスのプロであるアマゾンが入ると、既存スーパーのバックヤードも大きく変わっていくわけだ。無人化することで鮮度管理とかも正確になっていきそうだな。
倉庫や小売フロアの自動化による人件費削減や在庫最適化による過剰在庫コストの削減、在庫ミスマッチによる販売機会の喪失も減らせるので、買収等によるシナジーを出しやすい分野。
Amazonは生鮮食料品の流通ボリュームを手に入れて、そこに彼らのロボット技術による生産性向上を持ち込むということか
Amazonのホールセール買収のメリットのひとつとして、生鮮食品の物流拠点の課題を徹底的の解剖して、ロボット化などの効率化追求のテストベットを手に入れられたという点もあるのでしょう。今後の展開が楽しみです。

業績

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
192 兆円

業績