新着Pick
76Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
J-WAVEは初めての出演であり、また生だったため緊張しました。コメントがあちこち弾み、瞬く間に時間は過ぎました。NHKラジオもそうですが、眺めの良いスタジオにいると気分は高揚します。

今月から始まった安売り規制で、一番大きいのは消費者が不在という点です。特に、私のように所得の低い層にとっては、痛手であります。

一方、ビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の消費量は減っていく可能性は高いです。今年も減ると13年連続の減少となります。

単純に少子高齢化の進行、人口減少が原因ではないでしょう。生活者のライフスタイルの変化もあります。大学生が、酒を飲みながら朝まで語り合う、といったことは少なくなっているようです。

また、会社においても、若手を巻き込んでの“飲みニケーション”も減少している。仕事とプライベートとを分ける若手は多いはず。上司が強引に若手を酒にでも誘うなら、”パワハラ”とか“ブラック”とかの誹りを受けるかもです。

ビールなど酒を通してフェイス・ツー・フェイスで行うコミュニケーションは、希薄になっている。むしろ、ラインなどを使うコミュニケーションは好まれているのでは。

と、こんななかでの改正酒税法等による安売り規制ですが、来年4月にはビールの定義が変わり、さらに20年10月から26年10月にかけては、段階的にビール類の酒税が統一されていきます(ビールは下がり、第3のビールは上がっていきます)。

大きな波が押し寄せてくるわけですが、メーカーには価格軸だけではない幅広い価値の提案が、新商品開発などで求められるでしょう。大手スーパーなどは、韓国などで生産しているPB(プライベートブランド)の強化に短期的には走るのでは。ビール類を目玉にした集客がやりにくくなるので、店頭での工夫が必要になります。一連の変化を、どう味方につけるかです。メーカーも流通も。

そして庶民は、懐と健康のため、適量の飲酒を徹底させていく必要に迫られます。まぁ、当面は。
規制緩和が進まない理由

・規制緩和で競争に晒される既得権者は、人数は少ないが金額は多いので積極的に反対活動を行う

・規制緩和で得する人達は、人数は多いが金額は小さいので積極的に推進活動を行う事は無い

加計学園も同じで、既得権者の獣医師会と文部科学省が規制緩和に反対している
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア