新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この手のランキングでいつも思うことだが、誰のための何のランキングかを明示するべきだと思う。この場合は日本に本拠を置く日本人のためのランキング。しかもおそらくエコノミークラス。これがビジネスクラスになると、就航便数の多いアジア路線の機材や機内サービスに思い切り手を抜いている日系エアラインがぐっと下がると思う。今時フルフラットでもないビジネスクラスを香港やASEAN諸国に飛ばしてるのは日系エアラインだけ。さすがにシンガポールは改善されたが。以遠権使って飛ばしてる米系の方がまだいい。ビジネス客であれば機内食やCAの接客よりもシートや機材の方がよっぽど重要だから。
日本人対象であるので日系はさらにブーストされると思うが、それを割り引いても納得感はある。米系がほぼすべて圏外に沈んでいるのも、信頼感を生む(笑)
かつてはANAユーザーでしたが、10年ほど前に、あえてANAのマイレージを使い切り、獲得したステイタスも捨てて、JALにスイッチ。今はJALにスイッチして良かったと公言出来るほど満足しています。その理由の30%くらいはラウンジのカレーだったりしますが(笑)。
jalはクラスjシートとネット環境が良いこと、anaは主要空港以外でもプレミアムクラスがあるのが個人的には有りがたいです。
エアライン毎のユーザー満足度を調査した結果で、エアライン同士を比較したものではない。

こうした同一の評価集団が全エアラインを評価したものではないランキングの捉え方を教えて欲しい。

例えば、各国民の、安倍政権への満足度とトランプ政権への満足度と習政権への満足度と金政権への満足度を比較してランキングできるとは思わない。
会社更生申立て以降、JALのユーザーが明らかに体感できる変化があったのは確かだと思います。
最近のJALはいいですよ。この2-3年ぐらいでビジネスクラスの座席が新しくなり、快適になりました。倒せばそのままフラットになるスタンダードな席ですが、シンガポール航空のベッドに転換しなきゃフラットにならない特殊な座席よりいいわ。羽田のラウンジも新しくなってここのラウンジだけはシンガポール航空よりいいな。ただ機内食だけは以前よりレベルが落ちたと思う。
JALの上昇よりも、なぜSQが急にランキングが下がったのかということがかなり気になる。
JALのサービス・レベルは「稲盛流」が浸透してきたのか目に見えて上がってます。
私は昔からANA派でしたが、ハイレベルな領域でJALとANAがしのぎを削るのは歓迎です。
こういうものは誰に聞いたかにもよります。
時価総額
1,205 億円

業績

時価総額
9,368 億円

業績

株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。江副浩正によって創立された。 ウィキペディア
時価総額
6.18 兆円

業績

時価総額
6,738 億円

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,695 億円

業績