新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インタビューでは「笑い」が人生を幸せにすると言いましたが、「笑い」には色んな「笑い」がある。まさに、十人十色で、10人いたら、10通りの「笑い」があると思います。だからこそ、一人一人にあった環境で働けることが大切。すべての働く人が、はたらいて、笑えるように、時間はかかるかもしれませんが、真摯に取り組んでいきたいです。
一連の記事を通して、みなさんの笑顔と、ひらがな表記の「はたらく」という表現が大変印象的です。

人材業にとっての顧客は誰かを普通に考えると、採用される側の人材と、採用する側の企業の両方があります。その両輪が回って初めて双方にとって「いい採用」となるのは前提として、篠原さんの著書を拝見すると、特にテンプスタッフさんの理念として、採用される人材の側を本当に大切に考えてきたことがうかがえます。

だからこそ、「はたらいて、笑おう」という、はたらく人の側を向いたキャッチコピーなのだなと妙に納得しました。他の会社には、言えそうでなかなか言えないことなのではないでしょうか。普通に人材業を考えると、最適なマッチングとか、企業にとっての最適な人材活用とか、そんな言葉ばかり出てきてしまいそうです。

パーソルさんのはたらく側に寄り添う価値観は、非常に独自のものであるように感じます。
「はたらいて、笑おう。」という素晴らしいフレーズをトップ二人から実践していってほしいですね!

創業者の方々の想いを繋いだリレー動画を下記から見れるのでこちらもぜひ!
https://newspicks.com/news/2320231
「はたらいて、笑おう。」という言葉はお世辞抜きで素敵な言葉だなと思いました。
弊社でも同じようなことを言ったりはしますが、強い思いと共にシンプルな言葉で言語化して伝えられるのはとてもパワフルですね。
仕事が楽しくないと人生面白くない。

はたらいて、笑おう。

仕事を充実させるとことで、ひとが、社会が元気になる!
カウントダウンムービーからの対談記事。パーソルが掲げる「はたらいて、笑おう。」というシンプルなメッセージ、素直に素敵だなと思います。
ムービーもぜひ。
https://newspicks.com/news/2320231
記事の内容と関係ないですが、リブランディングのプロジェクトは、その後にブランドアドでストーリーを発信→ユーザーからもフィードバックをもらうという流れは今後流行りそうな予感です。
仕事は綺麗事ばかりではない。辛いことはたくさんある。ただ、自らが信じられる大義があれば、達成した時に「笑える」。
今週のPERSOLの「はたらくを、笑おう」特集で一人でも多くの人にブランドコンセプトが届けばと思ってます。
折角、仕事してるのに、笑えないなんて損だね。ワクワクしなきゃ仕事じゃない。