新着Pick
819Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アートや音楽の批評の世界では、新たな概念が導入されると、それを手がかりに過去の作品が新たな解釈で再評価を受けることがよく起こります。

いわゆる「肩書」や「本業」にこだわる日本社会では「何をしているのかよく分からない人」という評価を受けがちだった高城さんが改めて「多動」というキーワードをベースに捉えなおされるのは面白いですね。
期待の大きい連載。高城さんの著作、10年ぐらい前の内容と出版年をみていくと面白い。ほぼ全て読んでます。

2007年
 「ひきこもり国家」日本―なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか
2008年
 70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる
2009年
 サバイバル時代の海外旅行術

これらは今、日本で話題になっていることが多い。特に2008年の本は格安航空を扱ったもので、本では格安航空は全然話題にならず、知っている人の間でもそんな値段で飛行機会社は成り立たない、安全性に問題が出る、と非常に否定的な論調だったのを覚えています。

それが、今ではLCCはアジア、欧州、米国では当たり前の移動手段となり、日本からも乗れるようになりました。香港ー成田線などはいつも満員に近いです。

つまり、10年先の状況をすでに書いていたということ。

そして2010年「オーガニック革命」の内容は、単にオーガニックな食べ物の話しかと思ったら、全然ちがうイギリスの政治などの話し。そういう見方があるのかと思い、一気に読み切ってしまいました。これも7年前の著作。

2012年「モノを捨てよ世界へ出よう」。これも5年前。これは、過去に書いていたことを、もっと広めな内容で書かれた印象です。

あとは1997年「デジタル日本人」という本。1998年「メディアの遺伝子 デジタル・ゲノムの行方」インターネットが広く一般的に普及するきっかけとなったWindows98の発売前夜、今から20年前。

メルマガはもっと早いタイミングで書いてあるものがあります。著作だけでもみていると5〜10年後に大衆化するものが予測できます。というか世界で動き始めた先端を、ほぼタイムラグ無しに誰でも分かるように物を書いている日本人は、高城さんのほかには、ごく僅かしかいないと思う。
高城さんの多動っぷりは、想像をはるかに超えていました。著書の『多動日記』もおすすめです。一緒に旅をしている気分になります。
高城さんとは数年に一度しかお会いしませんがメルマガは毎週購読してるので会ってない気はしませんね。
少なくとも「新卒一括採用で就職選抜に漏れたらノーチャンス」の色合いが未だに強い日本においてリスクを取って「多動」することは憚られますし、それについて若年層を責めるべきではないと思います。新卒一括採用は頻繁な配置転換と時間外労働によって支えらる終身雇用&年功賃金制度のワンピースであり不可分であることを思えば、やはりここでも雇用制度改革の話に帰着せざるを得ないのだろうな、と感じます。
 要するにバイタリティを持てという趣旨の話だと思いますが、それ以前にミスしたらノーチャンスの風土を変えなければ若者の労働市場における行動様式も変わりようが無いように思います。
この類の記事を読む度に思うのは、日本の教育現場を変えていかなければ、多動力を持った人材を育むことは難しいなぁと。早く、出る杭を打つ教育から卒業しないと、今後ホリエモンのような日本人は出てこないかも。
「同じ場所に3日といられない」って多動過ぎて思わず笑いました。

ちなみに自分はそこまで多動では無いですが、若干近いのは「引っ越しの多さ」です。また来月も引っ越しますが、数えてみたら社会人17年目で13軒目の自宅です。平均すると1年ちょっとごとに住む場所を変えてます。

転勤やらもあるので全て自分の意思決定ではないですが、気持ちが新たになるので引っ越しは好きです。

若い頃に聞いた、大前研一氏の「人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること」は割と正しいのではないかなーと思ってます。
高城さん!ついにキタ!会社に入って間もないころ数人で一緒に飲んだことがあるのですが、まだインターネットがない時代にネットワーク論をガシャガシャ(そういうイメージだった)しゃべられていて、数年後にホントにその通りの時代が来た。本能と先進性が人並みでないんだなあと痛感しました。

その後はよく飛行機の中や空港でお見かけしましたが、元奥様がご一緒でした。仲睦まじいという雰囲気でしたね。うん

ノマドやら沖縄移住やら宇宙やら、ヒントが満載だと思われます。本を超えた新しいエピソードを期待しています。
まさかの多動、第二弾。人選が濃すぎ(笑)。

とりあえず、目の前の仕事片付けて刺激受けに後ほど戻ってきます。
楽しみな対談。
この連載について
複数の仕事を同時に動かす力「多動力」。あらゆる産業の壁が溶けている現代の必須スキルとも言える。本特集では著書『多動力』を世に問うた堀江貴文氏と、各界の「多動人」が登場。いま、なぜ動き回ることが重要なのか、新時代の人生戦略について語り合う。
株式会社動力(どうりょく、DORYOKU Co., Ltd.)は、太陽光発電システム等を中心とした住宅用設備の施工を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
3.59 億円

業績