新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

326Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
我々の創業期の苦難な時代を取り上げていただきました。素敵に書いていただいたのですが、タイトルの「パチプロ」には参りました(笑)。でも本当のことですから隠しようがないですね。お恥ずかしい。。。

今も成功しているとは全く思いませんし、相変わらず大した経営者ではありませんが、ぼんくらサラリーマンでも努力し勉強し、人生をかけて諦めずに物事に取り組み続ければ、少しはましになるということが伝われば嬉しいです。

明日も何か恥ずかしいことが書かれていないか、内心ドキドキです(笑)。
ハーバードのロザベス・モス・カンター教授も言っているように、イノベーションを起こしたり、大きな成功をおさめるときに一番大切な要素が「あきらめないこと」であることを改めて確信できる記事。
2回目以降も楽しみです!

そして、私は水曜日のネコの大ファン。
え?パチプロだったんですか?笑
パチプロから社長っていうのに惹かれた。
R社のY社長もそうだよね。
私も後ろ暗い20代だったので、親近感を覚える。
一概には言えないが、ある時期毒汁を出し切って、まっとうになるというタイプもあるのだろう。
パチンコ屋で大学時代、アルバイトしていて、「パチプロ・スロットで稼ぐ層は、翌日以降出る台の調査力と、1日12時間打ち、押し続ける忍耐力だな」と感じました。とはいえ、閉店後売上、収益をマネージャーから見せてもらうと「パチプロは成長の限界があるな」「博打は胴元じゃなきゃ最終的には勝てないな」と理解しました。

井手社長は、実践者として経験され、クラフトビールで成功されておられますが、胴元?としての挑戦の軌跡を学ばせていただきたいと思います!しかし、星野さん、三木谷さんといい先見性がありますね!
普段は発泡酒ですが、ビールなら「よなよなエール」です。ビールの味にはこだわらない私でも、味の違いが際立っていて美味しいのです。でも、一時スーパーから消えていて寂しい時期がありました。数年前から復活して、また時々飲むようになりました。

やはり大変な苦労があったのですね。2-3本欲しいときにネットで買おうとはしませんでした。でも即日配達の時代になったので、これから本当の成長期になると願っています。
井手社長、一度だけ赤坂の「よなよなビアワークス」でご一緒させていただいたことがある。「なんて面白い人がいるんだ」という印象を受けた。まさか、その原点に「パチプロ」があったとは。
よなよなエールなどで有名なヤッホーブルーイング・井出社長のインタビュー、すごい面白いです。潰れそうだったあたりのエピソードは本当に感動しました。てか完全に他人事としては読めないほどの切迫感が。星野さんもやっぱりすごいなあ
力をもらいました、最後は腹を括りの度合いですよね。星野さんの言葉とその器にも感動です。
ネーミングに遊び心があって、でも飲むと納得の味で、うまいなぁ、と思ってます。裏側の話はとても興味深いですね。