新着Pick
1702Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ファイナンスは経営にとって極めて重要な要素であり、戦略そのものであると思います。
さすがに今では基礎的な会計知識やファイナンス知識についてはビジネスパーソンの中でも理解が深まりつつあると思います。しかしそれでもなお、実際の経営の現場では、未だに「目先のPLを『つくる』ことが経営の目的である」といった、「PL脳」とでも呼ぶべきPL偏重の発想に基づいた意思決定がなされているのではないでしょうか。
そしてそれはまた経営者に限らず、投資家も然り、アナリストもまた然りです。そうでなければ、アナリストが経営者インタビューで「今期のPL、どれくらいの着地になりそうですか?」といった、「PLの当てっこ」とでも呼ぶべき質問を執拗に繰り返すこともないでしょう。
またこれらに拍車をかけて、すぐに「増収増益」といった見出しを持ち出すメディアの影響も大きいと言わざるを得ません。投資家が重視し、メディアが盛んに報じる以上、経営者が「PL脳」に囚われてしまうのは無理からぬ話です。そこには資本配分や投資効率、リターン、時間といった概念は抜け落ちています。
この「国民総PL脳」とでも呼ぶべき思考の呪縛から脱しないことには、日本からAmazonのような事業が生まれることは到底ないでしょうし、孫さんのような天才の出現に期待するしかありません。非常に深刻な問題だと思います。

経営者にとっても投資家にとっても、真に必要なのはテクニカルな「ファイナンス理論」でも「ファイナンススキル」でもなく、「ファイナンス思考」とでも呼ぶべき発想法ではないでしょうか。
少々大げさですが、本気で日本から新たな産業を創出したいと思えば、「ファイナンス思考」を身につけた経営者と投資家こそが必要であると私は思います。
ファイナンスの重要性について、とってもキレイに、かつ、おもしろ、おかしく、読みやすくまとめられています。

『企業のトップと話すことが多かったのですが、そこで「日本企業って何でこんなにファイナンスが分からないんだろう」と感じていました。』

『今でも全然、ファイナンスに関する経験のない経営者が普通にいらっしゃいます。(中略)「営業一筋何十年だけど、財務3表は全然読めない。数字は弱いからね」などと言って済ませている人もいるほどでした。』

私が5年ほど前、日本企業の社長と一緒に、とある新興国へ行ったときのこと。

現地企業とのミーティングでは、CEOやCFOがファイナンスに関する突っ込んだ議論で盛り上がるのはもちろんですが、営業マネージャーまでもが”普通に”CFOアジェンダに口を挟んできたんですね。

対するこちらの日本企業の社長は、ファイナンスの議論になると「私にはわからないから」と、だんまりを決め込んでいました。

向こうの事業部門トップの方が日本の名だたる上場企業の経営者より遥かにファイナンスリテラシーが高いというのが私の5年前の実感。

いまは差が縮まっているはず、と願っているのですが…
まさに、NPVを度外視してM&Aをやっている例が多いように見受けられます。

多くの場合、時価総額で買ってもNPVより高くてマイナスになるのに、時価総額にプレミアムを付けるというアホなことがまかり通っています。

もっとも標準的なファイナンスのテキストは「コーポレート・ファイナンス」上下ですが、ボリュームがありすぎるので辞書代わりに使う人が多いです。
http://amzn.asia/cXM1Nyg
本記事、NPVが沢山出てきますが、私は大企業の新規事業担当の人には、NPVではなくリアルオプションで事業価値評価をして下さいといつも言っています。これはスタートアップとの連携でも同じ。PL脳ではロジカルに納得出来ないことが、ファイナンス脳だと理路整然と説明できます。期待効用で考えないと、新規事業はできない。

追記:PL脳って表現、よくよく考えたら、(c)朝倉です。失礼。(^^;
自己反省の意味も込めて、ファイナンスを知らないと仕事が務まらないのはコンサルタントも然りです。

コンサルタントはどうしてもPLを見がちですが、当然ながら経営者の関心は、BS、資金繰り、ファイナンス等々、PL以外にも多岐に渡るわけで、それぞれに寄り添えなければ経営者の伴走者たるコンサルタントも務まりません。

自分の場合は運が良く、コンサルタントとしての初めてのプロジェクトがファイナンス系でした。当時を思い出すと、用語や考え方など全てが初めての世界で、相当苦労した覚えがあります。やはり理論や公式の意味合いを理解するにはそのプロジェクトだけでは不十分で、その後も何回か経験を積むことで腹落ちしてきた部分も多かったです。(もちろん今でもまだまだ勉強しなければならないことばかりです)

個人的にファイナンスのおもしろいところは、一見暗記モノ・スキルの勉強に見えて、実は物の見方の勉強であるという部分だと思っています。
「営業一筋何十年だけど、財務3表は全然読めない。数字は弱いからね」などと言って済ませている役員…会ったことあります。
あんまり難しいことはいいから、最低限、基本ぐらいは理解しておいたらどうですかということなら、これはその通りだと思います。

ただし、当たり前ですがファイナンスが分かることと経営が上手なことは違うと思います。
投資銀行が計算する将来キャッシュフローが「鉛筆ナメナメ」というなら、事業会社が計算するものだって、程度の差こそあれ「鉛筆ナメナメ」。
事業の将来性を見抜く視野と判断力があるからフェアバリューが分かるのであって、ファイナンスの知識があると自動的にバリューがはじき出せるわけではないはずです。ファイナンスはあくまでもツールですよね。

日本電産の永守さんが、よくM&Aの成功の秘訣として「高く買わないこと」って言いますが、
いやいや、みんなそれが高いと思えないから失敗するんですよ、と思うのです。
良く勘違いされるんですが、「ファイナンス」スキルはコンサルティングファームではなかなか身に付かないです。コンサルティングではやはりPL改善が基本で、せいぜいコスト削減関連のプロジェクトで、OPEXだけじゃなくCAPEX削減もスコープに入れるぐらい。B/Sの右側は殆どタッチしないと言っても過言じゃないでしょうし、実際に新卒コンサルでMBA留学する人には売掛金と買掛金が何だか分からない人少なくないです。まぁここで求められている水準のことはあっという間に知識として学んでしまえるので、それで十分間に合いますが。

私がファイナンスの概念を理解したのは商社時代。担当投資先が黒字であっても、その絶対額が投下資本と、貸付金や保証債務残高を含むDEBT(リスクマネー)に対するそれぞれの期待リターンを掛け合わせたコストを上回らなければ(投資付加価値が黒字にならなければ)、EXIT対象として毎年事業の継続意義を精査されるという辛い時期があったことを思い出します。

それでも商社時代は飽くまでも大会社の借り手も貸してもサラリーマンのお金の話なので、本質的な意味を理解したのは資金調達を経験した起業してからかもしれません。とはいえ、現時点では日々出ていくキャッシュフローぐらいしか見る必要ないのですが…。
理論の厳格性と数多くの強い仮定があることを理解した上で、ファイナンスは理解できるようにした方がよい。加えて、法務と会計と税務もその基本構造と主な概念を理解した方がよい。会社法は必須。株式、社債とは何か、取締役や株式会社、ガバナンスとは何かは今日的質問だ。信託法を知らずに投資信託は理解できない。また、金商法の知識も問われる。

経営者は、実は、基礎知識のない素人や好奇心のない人には勤まらない。道交法を知らずに運転免許は取れず、運転免許がなければ運転できない。
朝倉さんのコメントの通り、日本企業はPL学園が多いですね…
昔は留学帰りの人が講釈していたファイナンス。
その内容は日経文庫で読める。それどころか高度な内容もネットで十分勉強できるし、わからないところは、詳しい人に教えてもらえばいいと思う。それが一番手っ取り早い。
それくらいコモディティ化し、知識としての希少価値は暴落している。