新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いよいよ 次の時代の始まりですね。
「社会に価値ある何かを残す…」
私を含めた多数のOB達が今もその想いで、応援しています!
働き方改革が話題になっているいま、労働・雇用に関する社会課題にグループ全体で本気で向き合っていくために、テンプスタッフを創業した篠原さんの思いを引き継いで、7月1日よりグループ主要会社の商号変更を行い、新たなスタートを切ります。
もちろん、働くって大変なことですが、一度きりの人生。はたらいて、笑える人が一人でも多い世の中にすることが、我々の使命だと思っています。パーソルグループのこれからにご期待ください。
4日目はテンプホールディングスCEOの水田正道。
インテリジェンス含めた20以上のM&Aを決断し時価総額5000億超の規模にグループを成長させた立役者。ムービーではあまり伝わらないかもしれませんが、ブランド変更の意思決定など含め、常にチャレンジし続ける姿勢は本当に勉強になります。

ーー6/28のコメントーー
3日目はテンプホールディングスCOO高橋広敏。
KKR傘下だったインテリジェンスのテンプグループ入りを、逆プロポーズで推進した、まさにパーソルのきっかけを作った人物。
※インテからテンプの逆プロポーズは以下記事参照 https://www.marr.jp/marr/entry/3638
純粋に人材サービスが大好きで、本気でお客様にとって無くてはならないサービスにしたいという想いが、ムービーから伝わったらいいなと思ってます。

ーー6/27のコメントーー
2日目はインテリジェンス創業者の宇野さん。
宇野さんの「日本の人事部になる」という言葉を初めて聞いたのは、20年前のちょうど今頃。
当時就活中の私は、この「大きな志」に大いに共感し、インテリジェンスへの入社を決めました。
インテリジェンスという社名への思い入れが誰よりも強いであろう創業者の想いを無駄にしないよう、パーソルとしてビジョンの実現に邁進していかねばと強く思った次第です。

ーー6/26のコメントーー
先日フォーブスでも日本で最初の資産額10億ドルを超える女性起業家として紹介されている、テンプスタッフ創業者の篠原さん。Newspicksのムービーっぽくないチャーミングな登場の仕方だが、いつもこんな感じで「起業家」っぽくないのも篠原さんが多くの企業、人を仲間にできた理由だと思ってます。
このムービーで、日本初の女性ビリオネアの人生に興味持った方は、是非こちらのリンクも。(日経の私の履歴書)https://www.tempstaff.co.jp/corporate/mylife/
波乱万丈すぎて目が離せません。
社会に価値ある何かを残す!

1000人、1000億の企業を創る。

人と企業の最適かつ円滑なインフラを構築する。

新生、パーソルグループとなり、3万人を超える企業に。

はたらいて、笑おう。

益々のご発展を祈念しております!!

1000人、1000億はかなり大きな目標だと思いましたが、今やそれすら桁違い。
2番目のインテリジェンス創業者・宇野さんの動画を見るまで、「はたらいて、笑おう。」の意味をずっと取り違えていたと気づいた。

“苦労しなくても済むような目標であれば、掲げるほどのものじゃない。
苦労が実って本当に達成できたときに『笑い』が生まれる。”

「笑って、はたらこう。」じゃない。
「はたらいて、笑おう。」だ。
動画の最終日!
篠原さん、宇野さん、高橋さん、水田さんの繋がりを感じれてこれからのパーソルが楽しみになりました!

明日からまたパーソル×NewsPicksで新しい取り組みが始まります!
テンプによるインテリジェンス買収から4年。満を持しての完全融合ということでしょうか。買収時のお手伝いをさせて頂いたこともあり個人的には非常に感慨深いです。ムービーについて、両社の創業者である篠原さん、宇野さんが最初に登場するというところがとても良いですね。創業者のキャラクターも社風も随分異なる両社だと推察しますが、M&Aの良き成功例として是非飛躍して頂きたいと思います。
一つの記事に埋め込まれた動画が一つずつ開いていくというフォーマットは、NPではコメントが分散しない良い方法と感じました。動画の長さは、携帯で見ることを考えると仕方ないかもですが、40秒だと中身としては物足りない感じはしました。
さて、テンプスタッフとインテリジェンスで、パーソルにリブランディングした際に最も驚いたのは「インテリジェンス」の名前が消滅したこと。その中でのインテリジェンス創業者宇野さんのインタビューは度量の広さを感じます。
そこまでしてのリブランディングと、その後のCM、交通広告、NPを活用しての大量の広告投下は、グループシナジー発揮への本気度を感じますね。宇野さんのいう「日本の人事部になる」に一番近い存在であることは間違いないので今後に期待です
遂に日本の人材業界の大きな節目となるパーソルグループ誕生、注目のカウントダウンですね。
ワクワクします!
春頃からのパーソルさんプロモーションは、まずコンセプチュアルなCMや交通広告を大量投下してだんだん具体化させていくというなかなか例のないやり方だと思っています。具体化の場の一つにNPを選んだことも、かなりチャレンジング。ここまで長期に渡って盛り上げたら後に引けないという覚悟を感じます。明日からもNPで企画をやるということなので、楽しみにしています。

ところでパーソルさんのCMの新バージョンでパーソルワンというロボが出てくるものが公開されているのですが、働くことについてロボが考えるというまさに今の時代に合ったコンセプトで、ここでも攻めているなぁと感じました。大変可愛らしいのと、とても感動する作り方になっています。