新着Pick
342Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
とても謙虚な姿勢です。本当に頭が下がりますね。⇒「印象操作のような議論に対して、つい強い口調で反応してしまう。そうした私の姿勢が、結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」

一方の野党・メディア、そして煽ってきた人々は、謙虚に反省と言う事をしないのでしょうか??素朴に疑問に思ってしまいます。
安倍首相は岩盤規制にドリルで穴を開けるのだと言った。
その一例が加計学園の獣医学部の新設だとはっきり言えば良かったのだ。
それを言っていないと言うから、文科省と内閣府のわけのわからない責任のなすり付け合いになってしまい、国民は安倍首相に不信感を持つことになった。
【政治】「反省」する姿勢を示すことで、自ら見事な「印象操作」を行なっていると思うし、その「印象操作」を単純に受け止めてしまっている人が少なくないかもね。
安倍首相のパフォーマンスを、役者のようにその演技の巧拙について感想を述べあっても無意味だ。

むしろ、国会の質疑(議事録)や事前に提出される質問主意書や答弁書は、その法律を解釈するとき(判断するのは裁判官)の重要な参考資料となるのだが、意味不明なものや互いに矛盾するもの、質問と対応していない答弁などがあると手がかりとして全く役に立たなくなることの方が問題だ。

安倍内閣で提案・可決された法律は全て、その不明確性や非論理性から、将来「要注意」とされるかもしれない。つまり、立法の暗黒時代。

全ての国会での質問は事前に提示されているのだからきちっとした答弁ができないはずがなく、ましてや政府提案の法律であれば回答しないことは許されない。つまり、答弁が不十分なのは、答弁できないか、答弁したくないからだ。株主総会の会社説明と同じ、

例えば、部下の提案への社長の質問に対して、のらりくらりと無意味な返答をする部下がいたら許すのか?事前に試験範囲を具体的に教え、予想問題まで示しているのに、名前しか書いていない解答や白紙解答を提出した学生に単位を与えるのか?それでも、そんな「こまったちゃん」に王道の問題を出してしまった先生に責任があるというのか?

説明できない法案は提案してはいけない。
立派な態度だと思う。側近を自称する議員達は総理の足を引っ張らないように。
ダメージコントロールの基本に沿った対応ですね。是非、その言葉通りに誠実に政権運営して下さい。
文部科学省から上がってきた調査結果をまずは一義的に「信用」(というか採用)して、それでダメなら再調査を命じてトップとして謝罪をする。政権側に対抗してリークしたつもりが、逆に作用する。私が現場の文科官僚なら、今回の安倍首相の演説を聞いて国のために頑張ろうと思うと思いました。

自分は無関係なところから足を引っ張られたものに対して、トップが謝罪する姿は尊いものです。当然のことではありますが、これまでそれができる人が首相の座に長らくいなかったので。

関与があるなら辞めると言ってしまったのは、早い幕引きのためにリスクを取ったつもりが、悪循環になってしまったわけですが、民進党執行部の無能ぶりと、森友のオッサンのキャラが想像以上だったのが誤算でした。

昨年は不倫ネタばかりだったのが、今年は「トップのご意向」や「忖度」への国民の過剰反応。不倫が流行ったのは、30代子持ち家庭の家庭危機が背景にあり、一方で今年の「学園もの」流行は、残業規制によってしわ寄せがいき、がんじがらめになっている30代-40代の管理職のうっぷんのはけ口かな、なんて邪推しています。

つまり、かつて2007年頃に「ロスジェネ」と呼ばれた25-35歳が、10年を経て35-45歳となり、既に若者ですらないと失われた「ロスジェネ」となって世間から忘れられ、生産性のピークとして社会のしわ寄せを一気に引き受けている。今の若者は、就寝面でも人手不足で有利となり、今後は教育面でも保護される話が盛りだくさん。

国公立を出たのに仕事に恵まれず学生ローンがまだ終わらない。ゆとりだと世間から散々叩かれた上で忘れられてこき使われる。ロスジェネこそすっぽりと社会から取り残されている気がします。安倍首相の掲げる「人づくり」には、こう言う視点も是非入れて欲しい。というか私も議論に入れて欲しい(笑)

追記
あまり他人様のコメにコメントしたくないが、田原総一郎氏のコメントには呆れてしまった。恐らく安倍首相は本当に何も直接的なことは言っていないのだろうが、もし事をおさめるために「言った」と嘘をつけば、今度は関与したなら辞任するという言説を責められるだけ。この方は首相をメディアの力で辞任に追い込む事しか考えていないんでしょうね。
昨日の記者会見は上出来だったと思います。
ここで野党を揶揄すれば、人望を失うところでしたが、対応が後手に回ったことを素直に反省し、印象操作のところでかっとなつてしまったところも謝罪する姿勢は評価できます。
野党の連中、とくに山本太郎氏のみっともなさと比べて、天と地の差があります。
これだから野党は勝てないんですね。
都議選までは、今回の発言の範囲で謝罪の言葉が続くと思います。
北朝鮮の核武装が進んでいるのに何の落ち度も無い加計問題で内閣支持率が下がる日本人はトコトン平和ぼけ