新着Pick

難民・避難民6560万人 過去最多更新、国連報告

共同通信 47NEWS
難民・避難民6560万人 【ジュネーブ共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は19日、内戦などで国外に逃れた難民や難民申請者、国内避難民が2016年末で約6560万人に上るとする報告書を発表した。約6年続くシリア内戦や南...
16Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
国内避難民に苦しむ、イラクの政府高官が、三年前に福島に来たことがあります。行政と民間がいかに避難に対応しているかを、理解するためです。
イラクではISISの影響で「戻りたいがいつ戻れるか分からない」状況が続きます。福島も、原発事故の影響で「戻りたいがいつ戻れるか分からない」状況がありました。避難者のサポート、帰還に向けた道筋など、いくつも参考になった面があったようです。日本が難民・避難民の在り方に貢献できることは数多くあります。
シリア難民で500万人超。しかもまだ増えている。難民キャンプの中には劣悪な住環境における生活が固定化しているケースが多い。日本政府として目に見える支援を求めたい。
UNHCRのプレスリリースによれば、難民は2,250万人。その最大の発生国はシリアで550万人。2016年の新たな要因となった南スーダンからの国外避難者も2016年の下半期だけで約74万人にのぼっている。
また、国内避難民も4,050万人いるとされ、シリア、イラク、コロンビアが発生源となっている。

紛争や迫害などにより、世界の約110人に1人が避難を余儀なくされている。これは異常としかいいようがない。