新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

88Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
事実に基づき、できるだけ中立的な立場を意識した記事で、大変参考になります。
建設的な議論をするには、このような足元・事実の把握が不可欠だと改めて感じました。
読売と巨人とプロ野球の関係は、その成り立ちもあってかなり独特。そこを理解しないと、いずれも根本的に変えることは不可能だと思います。僕自身もわからないことが多く、元読売出身の新田さんに解説してもらいました。
本稿は下記2点に集約されますかね。

事実として、2008年から4年連続新人王を輩出し、うち2人は育成選手出身であったことを考えると、戦略的に育成方針をつくり、うまくいっていた部分はあるわけで、少しは立ち返ってみてもいいのではないか。

球団トップは引き続き、グループ本社、東京本社の元エリート記者が担当するにせよ、編成、営業の実務面の指揮をとる要職に関しては、できれば外部登用も組み合わせながら「人材の高度化」をはかっていくべきだ。

絶対数で見るべきか、成長率、成功確率で見るべきか意見は分かれるところですが、組織戦略がうまくいったか?という視点で見るのであれば、後者ですかね。そうすると、どうかな・・・

人材の高度化案は、守旧派の巻き返しが十分想定される構造になってしまうのではないかと。組織を分ける等、トップを外から等の大胆な動きをしないと内部抗争、停滞は続くのではないでしょうか。企業現場の経験を踏まえると、違和感がありますが・・・
常に批判的な巨人ファンです。
巨人の株主が京成だった時代があるんですね。
今の改革は置いておいて、子会社である巨人軍が読売の新聞部数を伸ばした理想的なグループシナジーだったことをもっと評価するとともに、シナジーを失いつつある今の状況を鑑みて改革すべきだと思います。野球チームの改革の話ではなく、グループ経営の改革です。そこをどうするのかとても興味深い。
実に素晴らしい連載だった。NP始まって以来の名連載ではないか。次は是非「阪神タイガースの輝ける栄光」という連載をやってほしい。
グループ全体の歴史、構造、社内制度などの観点から巨人に触れた貴重な記事だと思います。現在苦しむ巨人もプロ野球の構造を作ったり、グループシナジーを最大化したりといった成功体験がありますから、それを内部から改革するのは本当に至難の業でしょう。ビジネス面での改革は大きな成果も見られるので、やはり最大の問題は「強いチームづくり」とそこに向けた仕組みの確立・稼働といえます。
この連載について
2017年、球団史上最悪の13連敗を喫した巨人。球界の盟主はなぜ、「史上最弱」と揶揄されるほどに凋落したのか。チームづくりの問題点、読売ジャイアンツの特殊性などを考えながら、組織運営のケーススタディとして見ていく。