新着Pick
440Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ホールフーズの将来を予想させます。

ベゾスも普通の人ではありません。Amazonが黒字化するまで、普通の人は精神が持たないでしょう。巨額投資をし、必ず成功すると思っていても、誰にも将来の成功など確信できないでしょう。でも、ベゾスが成功まで待つことができたのは、やはり普通の人だとは思えません。

記事にありますが、普通は買収したらビジネスモデルを学び、優れた点は吸収しようと考えます。しかし、買収したら自分の思うように変更してしまうとは、一見どこを買収しても同じと感じます。「君はタコと同じだ」からはベゾスの思考は覗けませんが、サイエンスよりアートの面が強いのかもしれません。

ホールフーズはどのように活用されるのかに注目です。
ここまで、言われて、被買収企業から人は離脱しなかったのか。過去70社の分析はできないが。
 それ以上にベゾスの描く世界、Amazonの世界観、戦略に共鳴し有能かつ、ベゾスにとって使い勝手の良い人材が集まってくるから。オペレーションはむしろ新陳代謝が図れるということでしょうか。

 日本電産の永守社長が徹底的にM&A先に寄り添う経営とは対極ですね。
 さらに、一気に買収後自社戦略を徹底するAmazonと、じわじわと人員調整を進める日本企業(一例として金融機関)も対極ですね
ポートフォリオのひとつとしてシナジーを出すとか、新たなイノベーションを起こすことを目指すことがMAの王道だと思う。相手をデモチさせることは最も避けるべきことだと思う。僕のような凡人には決して分からない、乱暴な彼なりの勝利の道があるのだろう。他人にどう評価されようが決して曲げない道が。
すごいエピソード。。。
意図はどうあれ、気を使わなきゃいけない相手にいきなり
"「君は私が食べようとしているタコだ」'"
無理やり擁護すると、ベゾスは自分が世間からどう見られようと知ったことではない、という自信に満ち溢れていますね。日本人ではあり得ないメンタリティ。
Amazonはホールフーズのブランド力、買収による相乗効果なんて期待してないと思います。Amazonは、Amazonのブランドで集客し、販売したい。ホールフーズは踏み台でしかなく、悪い言い方ですが「お前らは実店舗やめてマーケットプレイスにでも出店してろ」くらいに考えている。ホールフーズがオーガニック製品の調達、開発ノウハウを持っているなら、それを奪いAmazon流のやり方で、AmazonのECに取り込む。残された店舗はAmazon GOのテストをするなり、モデル店として新規に作り直し、Amazon.comの拠点として利用するだけ。ホールフーズの顧客が離れようが、社員やアルバイトの反発があろうが、ホールフーズの売上減少さえもいとわない改革を出来るのがAmazonの強み。一度離れた顧客もAmazonの利便性を秤りに掛けて、Amazonの顧客として戻ってくる。Amazonなら、そう考えていても納得出来ます。

私はホールフーズで働く人達は、ホールフーズが存在している今のうちに、次の職場を見つけた方が良いと思っている。Amazonならこれくらいの事はやってくるでしょう。
ザッポスは、経営に口出ししないという契約のもとに、買収したので、アマゾンからの出向者は1人だけ。
今、ウォルマートのデジタルを管轄し、アマゾンに自分の会社QSUIDを売却したのち、内部でノウハウだけ取られて、ひどい形で潰されてしまいました…

両極で、生かすところは生かすし、敵になる前に潰すところは潰すのが、アマゾンのように見えます。
ベゾス氏の知られざる一面が伺える記事。これからホールフーズがどう変質していくのか。
極端すぎる事例ですね
企業文化の合う合わないは普通あります

amazonEchoも買収による成功事例です
一概には言えないことだと思います
本家BIらしい記事。笑
Zapposもこの筋かな。その後特に何かAmazonが変化したかは不明…「私がメニューを見たとき、それは私にとって理解できないもので、持っていないものだった」

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
177 兆円

業績