新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

649Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
サッカー選手もサッカー以外のこと(僕の場合はサッカースクール経営など)をやっていると本業に集中しろとよく言われますが、
結局サッカー以外に何もやってこず引退してセカンドキャリアをどうしたらいいかと苦しむのは選手たち。
サッカーに集中しろと文句を言う人たちは当然僕らのセカンドキャリアの面倒を見てくれるわけではないので、アスリートも色んなことに興味を持って空いた時間を利用してどんどん動いていくべきですね。
>職業ごとなくなる時代に、職業を1個に絞るのは危なっかしいですよ。

今の時代、逆にそのリスクを取って1つのことにオールインする方を逆に尊敬したいと思います。職人さんなんてまさにそう。やはり物事を極める必要がある仕事には、これまでどおり「仕事人」みたいな人がいていいと思います。
僕の「肩書き」は技術者・作家なのですが。

ちょっと前まで、「作家」を名乗ることが小っ恥ずかしかったんですよね。で、「物書き」なんてぼやかしてました。なんで恥ずかしかったかって、技術者はそりゃあ技術者として雇われたから技術者な訳で、職場から与えられた公認の肩書き。でも誰も僕のことを「作家」と認定したわけでもないのに、「作家」を名乗ることが恥ずかしかったのです。

でもじゃあ、何をもって人は作家になるんだ?

文章で金を稼いだら作家?そうじゃない。今の時代、多くの人がブログにGoogleのバナーをつけてお小遣いを稼いでいるし、何かしらの専門家ならNewsPicksやら東洋経済やらダイヤモンドやらに文章を寄稿して数万円をもらう、なんてことはよくある。僕は10年前にちょっとした文学賞をもらった時に初めて文章で金を稼いだわけだけど、じゃあその瞬間から僕は「作家」になったのか?なんかしっくりこなかった。

専業なら作家?そうでもない。専業作家で食える人なんて、今も昔も超売れっ子だけ。書店に並ぶ本の大半は兼業作家によるものなんじゃないかな。夏目漱石も宮沢賢治も兼業作家だったし、紫式部なんて貴族で何もしなくても食える身だから、文章で身を立てる気なんてさらさらなかったわけで。

で結局、作家とは、自分で作家を名乗った人なのだ、という結論に至ったのです。信仰告白みたいなものです。作家を名乗ることは、これからいい作品を書きますね、という決意表明みたいなものです。

だから、別に金を稼いでなくたって兼業だって、誰だって「作家」を名乗っちゃえばいいのだと思います。「痛い」なんて言ってくる奴も、いい文章を書けば黙ります。

そんなわけで、今の連載を書き出したあたりから、堂々と「作家」を名乗るようにしました。いわばそれが僕の決意表明です。
「頑張っているかどうかは本当に知ったこっちゃなくて、頑張ろうがサボろうが結果を出し続けるということしかない」というのはアナリストという業界においてもいつもそうだなと感じます。もちろん、大きな企業に所属をして周囲にいる方々の多くの助けもあって成立しているわけですが、結局個人の名前で勝負している側面もある以上、面白くないもの、聞いてもらえないものばかりを発信しているとお客様は離れていきます。そういう意味では「自分は大企業に属しつつ中小企業なんだ」と思いながら、常に創意工夫の意識は持つようにしております。「肩書にこだわらない」というのは自己研鑽を促す意識と思います。
っていうご自身が芸人という「肩書き」をわざわざ捨てたり絵本作家という「肩書き」つけたりしてるのでは?というモヤモヤ感。
全体的に連載に対して賛美コメントだらけのモヤモヤ感です。
まずはプロピッカーの肩書き賛礼から見直してみては?(元プロより)
吉本さ〜ん!ウチもかませて〜!
映画なー、俺もやりたいんだよなー。あ、猫ひろしの映画つくってるわ笑
私も一度、西野さんのように、本屋をやってみたい。と言いつつ、行動に移せていませんので、多動力が足りませんね。。。。
内容にはそれほど異論はない。ただ、20世紀的な意味での職業が失われていていくという未来の話をしているのに、紙の本に囲まれている写真はすごく違和感。紙の本も仕組みからして極めて20世紀的であり、今後完全に消え去るとは言わないが明らかに便利な電子書籍に取って代わられるからだ。実際、私自身仕事で読む論文や書籍の95%以上はKindleやPDFを使用している(Kindleは使用制限や制約があるのであまり好きではない)。PDFの書籍の場合、iPad Proがあれば書き込みや手計算も自由自在で便利だし、電気は使うものの紙を消費しなくてよいので地球環境にも優しい。
絵を書き、ひな壇には座らないと言い始めた頃、世間に見方は「芸人なのにちょっと売れるとそっち側にいくのか・・」だった気がします。

でも、現在のひな壇芸人達の”安定したチームプレー”を見ると、むしろそこから離れることの方が、リスクテイクであり、ある意味振りかぶった「ボケ」でもある。

つまり芸人間での狭義のボケは現在コモディティ化しており、むしろ西野さんの振る舞いの方が”ボケている”という2重構造。

この2重構造がなんとなく世間にも認知されてきた気がします。
この連載について
複数の仕事を同時に動かす力「多動力」。あらゆる産業の壁が溶けている現代の必須スキルとも言える。本特集では著書『多動力』を世に問うた堀江貴文氏と、各界の「多動人」が登場。いま、なぜ動き回ることが重要なのか、新時代の人生戦略について語り合う。