ホリエモンと西野亮廣。「多動力」を語る

2017/6/19
「多動力」──ビジネスや産業の境界線を飛び越え、自分の好きなことを次から次へとこなす力のことを指す。
その重要性について説いた、堀江貴文氏の著書『多動力』が、今、12万部を超えるベストセラーとなっている。
これまで「多動力」のある人は、落ち着きがない、腰が定まらないとマイナスの評価をされてきた。しかし現在では、そうした人材こそがイノベーションを生み出し、長い人生を有意義に生きると堀江氏は語る。
では具体的に、「多動力」をもって人生を生きるためには、何を考え、どう行動すればいいのか。
それを読み解くために、本特集では堀江氏ともう一人、「多動力」を象徴する人物を呼んだ。