新着Pick
172Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事では、「patriotisme」と「nationalisme」が混同されているような気がする。この二つは全く違い、対立概念でさえある。少なくともフランスの場合、左派であれ右派であれ「patriotisme(愛国心)」を持っているのは大前提だ。批判されたのはルペン氏の「nationalisme(ナショナリズム)」である。ちなみに、「先日のフランス総選挙でもマクロン大統領の新党が圧勝」とあるが、決選投票は、まだ始まってもいない。たしかに、第一回投票の結果を見れば「マクロン大統領の新党が圧勝」になるのは確実な情勢であるには違いないが……。
しかし、3倍近い差があるのに、プロピッカーがトップコメントとして選ばれるのは不公平だと思います。(6月17日15時35分現在アマ46、プロ16。でもプロが上)。これではプロピッカーがコメント上位を独占するので、アマにとっては面白くないばかりか、アマピッカーの良い意見に触れる機会をユーザーから奪っていると思いますけどね。最近さらにプロピッカー有利にアルゴリズムが改悪された気がするのは、気のせいだろうか?

<元コメ>
何だかずれている気がする。池上彰氏が、「日本が移民を受け入れていないから、右傾化している」と言う。ならば、そもそも日本はかなり前から移民を受け入れていないから「右傾化」ではなく、右だったと言うことになる。また、僕は、移民賛成派だから「左」ということになるのか。僕は、右でも左でもなくど真ん中だと思っているから、それもおかしい。いずれにせよ、あまり「右」とか「左」とか区別するのは好きではないです。
なんというか池上さんや増田さんが悪いというつもりは無いのですが、餅は餅屋なのですから、こういった重要なテーマは解説屋さんではなく、専門家の解説をわかりやすく知りたいところです。知りもしないことを知っている風に語るのは誰も有益にならないと思います。
この記事で私が注目したのは、「マクロン陣営は10万件を戸別訪問して、市民の意見を吸い上げた」というくだりです。
ああ、やはりそういうことをやっているんだ、と。
戸別訪問が民主主義の基本です。
日本でもポスター貼付名目などの戸別訪問は許されているので多くの政治家がやっていますが、「市民の意見の組織的なフィードバック」に用いているところは、あまりないのではないでしょうか。

日本の民主主義が育たない理由は「戸別訪問の禁止」にあると、かなり確信に近づきました。
嫌がる向きもあると思いますが、やはり戸別訪問こそが、バイアスのかからない意見を聞く最良の方法です。
戸別訪問を解禁すべく公職選挙法を改正すべきだと改めて申し上げますので、何卒ご理解のほどをお願いいたします。
日本が移民流入政策に対して躊躇していることを、国際社会は「右翼的」だと思っているという感じは余りありませんね。入管とかのイメージは悪いですが、国としては「島国だし伝統文化が強いから分かるけどその判断は間違いだよ」という見られ方をしているのではないでしょうか?

ただ、世界の右傾化と日本の右傾化が違うというのは面白い議論ですね。日本の場合は、世代的なもの(ジジウヨ)とかジェンダー的なもの(男尊女卑)とが強いということもありますが、それ以上にあくまで内弁慶で、国際的にはどっちかというと人畜無害な(近隣諸国の売るケンカを買ってしまう愚は別として)感じがしています。
「右傾化」とは誤解だと思います。そもそもナショナリズムのことを「右」、リベラリズムのことを「左」と定義していましたが、今日、その対立概念である「左」がいつのまにか進歩的=グローバルに置き換わってしまいました。この、世界統一基準を目指した動きのおかげで、世界は一体化し、経済成長をもたらしてくれました。そして相互依存が深まると、戦争を抑止する効果も得られるようになってきました。この究極の姿が今日のEUでしょう。しかし、EU統合による経済効果は長続きしませんでした。為替調整がなくなったからです。また冷戦が終わって以降、みずからの立ち位置に迷いの見られたアメリカは、その推進役として担っていた様々な負担に対して意味を見いだせなくなってしまいました。それゆえに登場したのが、自国ファーストの論理です。

私の個人的な解釈は、決して右傾化が支持されたわけではなく、たまたま受け皿になっただけだというもの。たとえば、「反EU」の動きは、そもそも巨大な官僚主義組織となってその運営が硬直化したことから始まりました。ギリシア問題などはその典型です。つまり自壊なのです。他方、アメリカはあろうことか、共和党から「アメリカファースト」の声が上がりました。その理由は、グローバル化の役割を民主党に奪われ、かつ軍事的・威圧的アプローチは抑制的に行われました。両者は一体であって初めてアメリカを利することになります。ところが民主党のやり方では、アメリカは損するばかりなのです。これまた自壊でした。それ以外の国の右傾化はどうでしょうか。実はこれらは単に、世界的な成長機運が一段落し、グローバル化の利益がその対価を下回るようになったからにすぎないのです。

すなわち、右傾化の議論の背景は、非常に単純なものであり、移民問題などはこれを暴発させた導火線だったと思うのです。得か損かで見ると、よく分かります。グローバル化の条件を調整し、得が増え、損が減れば、「右傾化」の議論は徐々に下火になっていくと考えています。
「右傾化」という過去からの思い荷物を背負った言葉をキーワードにしながら、あまりにカジュアルに使っている気がします。ここで終わらないためには、今朝の日経新聞でも紹介されていたヤン=ヴェルナー・ミュラー の「ポピュリズムとは何か (https://www.amazon.co.jp/ポピュリズムとは何か-ヤン-ヴェルナー・ミュラー/dp/4000247964)をお薦めします。反多元主義で切るポピュリズムの定義は欧州流ですので賛否はあるでしょうが、見事な態度表明であり刺激を受けます。
「かつてヨーロッパは常にどこかで戦争や紛争が起きていた。第二次世界大戦後、1952年に欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が発足し、それが67年に欧州諸共同体(EC)に発展し、80年代の東欧の崩壊を経て、92年にEUが発足しました。ヨーロッパ域内では戦争がずっと起こらずにすんできた。EUはヨーロッパから戦争をなくす構想のもとで立ち上がり、それを成し遂げた存在だ――。そんな風にヨーロッパの人々は思っているのだ、と、基本に立ち返らされたような感じがしています。」(記事引用)

知人の国際ジャーナリストの土野繁樹さん(元ニューズウィーク日本版編集長)がスウェーデン人の奥さんとフランスのドルドーニュ県の田舎に暮らし始めて随分経つ。EUの恩恵で、ラスコー洞窟に近い500人ほどの小さな村は、さまざまな国籍や人種の人々が仲良く定住しているという。若者は、国をまたいだ交換留学制度などの恩恵で、「ヨーロッパ人」というアイデンティティを自然にもつようになるとも語っていた。

フランスとドイツが戦後に和解をし、非戦を貫く仕組みを作ろうとしたのが、EUの始まりであり、そのことを大切に思う人々が多いという現実を教えられただけに、今の欧州や米国の動きがどのように着地していくのか気になる。池上さんは、今起きていることは「右傾化」ではなく、グローバリズムに対する反動としての「一国主義」だと分析している。本記事の前半で池上さんは、日本こそが極端な「一国主義」であることを、データに基づいて示唆している。僕らがアジア版EUを創る時代は、まだ遠い将来かもしれない。

しかし一方で、「移民と認識されない移民」が着実に増えている。東京都で一番外国人居住者が多い新宿区は、既に12%に達し、127国籍の人が暮らしているという。池袋でも10%ぐらいの数字になっている。例えば、これらの区の特に外国人比率の高い「移民受け入れ先進地域」を、日本文化、社会、慣習とのすり合わせモデル地区ととらえ、日本らしい未来志向の調和社会の創造を模索すべきタイミングに来ているように思う。
フランスを一括りに抱えるのは危険な気がします。母集団を一つのものとして捉えて考えてしまうと、ISのような組織が生まれる根本的な原因を見失ってしまうように感じます。
株式会社ポプラ(英語: POPLAR. CO., LTD.)は、広島市安佐北区に本社を置く日本のコンビニエンスストアチェーンである。中国地方を中心に関東・北陸・近畿・九州に店舗展開している。なお、かつては四国にも進出していたが、2015年2月に完全撤退している(詳細は後節の「#店舗展開」を参照)。東証第一部上場企業。 ウィキペディア
時価総額
56.8 億円

業績