新着Pick
339Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
一人一人の政治家を比べれば、民進党も自民党もドッコイドッコイだ。
私は選挙区でいつも松原仁に投票しているが、慎太郎の三男坊よりもはるかにマシだ。
蓮舫だって、ひとりの参議院議員であれば丸川と似たようなものだ。
山尾だって、稲田朋美よりもマシかもしれない。この稲田が政調会長を出来るんだから、自民党だって大したことはない。

民進党の問題は、求心力のあるキーになる人材がいないことに尽きる。だからすぐに仲間割れする。
はっきり、与党時に官僚にサボタージュされてグダグダしたので、と言ってもいいと思いますけど…。この失敗を活かしてどう政治主導をするのかが課題でしょう。

野党になると離党してキャスティングボードを狙う人はいます。自民だって与謝野さん、桝添さんは離党しましたね。現在は小池知事が出てきたので東京選出の人は酌量している人いるでしょう。

政争と軍事の話ばかりではなんとも…。
なんというタイトル/(^o^)\

もう政党といえないんじゃないですかね

議員適正試験の導入を求めます

追記)
今更ながらじっくり読みましたが、非常に日本のことと今の政治状況を良くするためにはどうすべきか、よく考えられている政治家の方ですね。タイトルが勿体無いと思います。民進党がどうのより、日本の課題と取り組むべき方向性について、自分の進退もかけて、納得されて、考えられた内容です。
昔はテレビを見ると馬鹿になると言われたが今やテレビを見るのは馬鹿だけになった

テレビ局も「視聴者は馬鹿」という前提で番組を作っている

民進党も「国民は馬鹿」と言う前提で戦術を決めているようだが最近の人はネットで検索するので昔ほど馬鹿では無くなった
経済政策的に見れば、アンチビジネスの傾向が強いからでしょうか。
何をやっても、瓦解していくのは野党の方。健全な第二政党が育たない、これがまさに日本政治の悲劇です。かつて民主党の政権交代劇を見た時、私自身はそのマニフェストに感心しました。ただ若干の懸念があったのは、小沢氏が関与するようになってからの「アメとバラマキ」の政策でした。そして案の定、「財源はやっぱりなかった」「沖縄米軍は必要だった」「高速道路無料化は一部だけ」など、マニフェストのイカサマが明らかになりました。行政事務の実態なしに、数字計算をやってしまったことが、民主党のド素人ぶりを世にさらしました。

今回、民進党議員の離党は、選挙政策(野党共闘)に対する反発です。ただ同議員の主張は、はっきり言えば些細で空虚なことです。本気で実行するための行動にはなっていないのです。
1)アベノミクスに代わる経済政策へ、
2)高齢者重視から子育て重視の政策へ、
3)対米追従外交から多元均衡外交へ、
4)東京一極集中から地方再生分権へ、
5)憲法改正のハードルを下げる。
これらの課題に対し、根本的な法改正案や組織見直し案、数字で示す改革シュミレーションなど、本気でやれば組み上がられるはずです。ところが民進党は、政策体系においていまだに「政治マニフェスト」レベルの域を出ません。深掘りをする能力もなく、また党内にはひどい政治家(たとえば、自民に入れてもらえない、あるいは旧社会党くずれ)を抱えたまま、中途半端な規模で「進めず退けず」の状態です。「政治ごっこ」から、真の行政を担える政治のあり方へと、早く脱皮してほしいものです。
成長戦略がないからヽ(´o`;
いま読み直すとまことに趣が深い。