新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
富坂さんとはテレビで一度だけ共演した面識しかないけど、切れ味鋭い中国情勢分析はとても参考になったし、滑りがちな中国のジョークネタも気さくな人柄表していて話しやすかった。プロピッカーになってほしい
記事のとおりだと思いますが、北朝鮮のミサイル技術が高まったのと、核ミサイルをSLBMから発射できるようになったことは、明らかにアメリカの許容範囲を超えており、それが

「Era of strategic patience with the North Korean regime has failed」
(Strategic patience(戦略的忍耐)はもう止めだ)

の発言に繋がっています。
北朝鮮の軍事力、独裁実行力を、米中で制御できるという前提での会談かもしれません。
一方で、日本は、どう安全保障の枠組みを維持するのか、会談の真意を踏まえた、米中の行動を注視して判断決断する必要がありますね。

経済環境が変わると、両者・北朝鮮の動きにも大きな変化が生じると思います。

(本文より まとめ)
・米中首脳会談で、中国は火事(朝鮮半島有事)が起きても、小規模で終わらせるという関係を米中間で作りたかった
・中国は米国の望む、ロシアとの距離要望を了承した。対米重視の姿勢を明確にした
・伝統的な「米ロ対立」が復活している背景がある
・金正恩体制は「必要悪」と認識共有している
北朝鮮=“ちょい悪”のほうが好都合、という話になるほどと思いました。
富坂さんはこういう表現がうまいですよね。
週刊文春時代に机を並べていた人で、僕にとっては中国問題よりむしろ、事件取材のイロハを教えてくれたセンパイです。
必要悪とか次善策とか近似解とか言葉は何でもいいんですが、トータルで損得計算すればプラスなのに完璧ではないものに対してヒステリックな反応が起きることはよくありますよね
今回は中国および極東の情勢にお詳しい富坂聰氏にお話を伺いました。

最も印象的だった、というよりショックだったのは、国際外交の舞台における北朝鮮マターは中国、アメリカ、ロシア(あと強いてくわえるなら韓国)主導で話し合われ、スキームが決められていっているという現実です。

つまり日本は、国際社会における極東マターの主要なプレイヤーとして認められていないということです。

こうした現実を知らないまま、「ミサイルが飛んで来たら、地下室や窓のない部屋に逃げましょう」とテレビで政府公報のCMが流されている日常は、やはり異常と言わざるをえず、溜め息の出る思いがしました。
この連載について
各分野の第一人者が集まり、成熟化社会において目指すべきヴィジョンとそれを実現するための新しい方法論について、骨太な提言をする「日本構想フォーラム」。幹事を務める波頭亮氏をはじめ、NewsPicksでもおなじみの山崎元氏、南場智子氏らがメンバーに名を連ねている。本連載はその模様をリポートする。