新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

152Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そんなに良い教育をしているのなら、そこから女性が排除されているのは異様。是非とも共学化を成功させて欲しいです。思春期の女子の精神的な成長スピードに引っ張られて男子も成長を加速させる効果も期待できます。
麻布と開成を比べると、麻布の優秀さはクリエイティブな方向に発揮されていて、開成の優秀さは緻密さに進むように感じます。
開成出身としては、麻布の遊び人だったり自由な面がちょっとうらやましいです苦笑。
「働き蜂を増やすだけではなく、本当にクリエイティブに物事を考えられる天才を育むことは、より一層大事」というお言葉からは古来、太平洋戦争の時代からも指摘される「兵隊は優秀だが大将が無能」という日本(軍)批判を思い返します。「頭が駄目だと苦労するのは手足」ですから、今の日本に必要なことは創造力に富む人、というのは首肯できます。
 但し、それもこれも「基礎学力が高い」という自明の前提があってこその話ということも忘れてはならないと思います。「学校は楽しければ良いんだ」は決して「嫌なことをしなくても良い」ではありませんし、数学の公式のくだりにしても、それで理解できるのはやはり基礎学力が高いからに違いありません。「個性」や「創造力」を育むことに関し、そもそも反論は出ませんから、平校長の志向する環境に置かれて尚、能力を一段と伸ばせるような基礎体力作りは小学校のうちに(嫌でも)やらせた方がいいのだろうな、と思います。
既存の仕事の多くがなくなるであろうと言われている今。極めてこのインタビューにも出てくる「クリエイティビティ」が大切になってくると思います。
クリエティブと聞くと広告?映像系?とか思いがちですが、車ひとつ、洋服や文房具、野菜ひとつにも関連するキーワードだなと。
東大合格率などを打ち出すと卓上の知識や暗記を連想しますが、「真にユニークで頭のいい人」の多くは「一芸」にも秀でています。
この一芸リスペクトこそが、その人の成長や可能性に繋がり、そこを尊重できる校風は素晴らしい。

一方、働き方改革を単なる効率主義ととらえると、この一芸が伸びないこともあり。
だからこそ空気感に左右されない「自分の意思をもった自由主義」を目指すしかないですね。

実は…この「責任持った自由」こそ実は遠くのもので、は幼児からの教育レベルでやらないとですが。そこも含め我々大人か切り開かねば!と責任を感じました。
麻布OBのリストも掲載しています。改めて、すごい顔ぶれです。最後までお読み頂きました読者の皆さま、平校長先生、ありがとうございました。
世の中の先生はみなさん真似して欲しい。
"「数学って楽しくて素晴らしいんだぞ」"
これを1番期待しています。どこでそんな先生に会えるか?
私が知ってる麻布中高の出身者も、いい意味で変わった人、尖った人、個性豊かな人材が多い。同調性圧力のせいで子供がクリエィティビィを失い始めるのは小学四年生ぐらいだとか。この校長先生の考え方、素晴らしいですね!
表に元○○が多いのが気になってしまった。ちなみにいま誰がいるんだろと思って調べてみたけど、政治、経済系はめちゃくちゃ多いと思いつつ、あまり最近のITスタートアップ界隈はいないんだなということと、思いのほか芸能や芸術の分野はいないんだなと感じた。この辺、掘り下げると色々と出てきそう。
戦後の高度成長期は右肩上がりの製造業中心モデルの経済だったから「コツコツ働くだけ」がある意味正解でしたが、知識集約型のサービス産業中心のモデルになった今は、外の世界と触れ合って化学反応を起こすとか、遊ぶ・楽しむとかが必要ですね。

『アップルのアイフォーンなどにしても、とりたてて新しい技術を使っているわけではなく、こなれた技術をインテグレートして、ヒットしたわけですよね。そのようなクリエイティビティを伸ばすには勉強だけしていたのでは駄目で、いろんな人とコラボレーションしたり、芸術を鑑賞したり、多様な人間を知ることでブレークスルーが出てきます。

ですから、日本人はコツコツ働くだけではなく、どうすればもっと人生を楽しめるかとか、楽観的な余裕や遊び心が必要なのではないでしょうか。』
特殊な条件が重なり合ったからこそ成り立つ組織なのでしょうが、麻布学園の「ノリ」について大変勉強になるインタビューでした。堀江さん風に言えば「カルピスの原液の作り方」のコツを教える学園なんでしょう。

思うのですが、本当の意味で一流と言われる人は「一流になりたい」「認められたい」といった自分本位ではなく、「社会をこうしたい」「あ、これ、おもしろい」「もっと知りたい」といった外に向けた純粋な好奇心や野望を持ち合わせた方が多いように見受けられます。もちろん、必ずしも一流になどなる必要もなく本人が幸せな人生を送ってくれればそれで良いという風土も持ち合わせているのでしょう。

将来、我が子を入学させることがあれば是非その際はよろしくお願いします(笑)

尚、働き方改革は決して効率重視がテーマではなくクリエイティビティな働き方も推進しているのですが、本インタビューの本質とはズレるのでこれ以上の言及はいたしません。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。