新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外国人をどう戦力化するかも大事ですが、むしろ日本の常識が通じない外国人であることを逆手にとって、日本の「いき過ぎた過剰サービス」を是正するような効果も期待できるかもしれないと思っています。外国人は「お客様は神様です」って刷り込まれてないですからね。日本の飲食店は、もう少し期待値マネジメントが上手くなってもいいと思うんだ。
外国人研修生と言う名のブラック労働になりがちだけどな
強化というか、もう既に外国人だらけですよね、特に都心では。これが今後増える一方であるという事ですね。

日本は現在移民や外国人労働者はタテマエ上では排除に限りなく近いですが、実態はこの部分つまりは外国人留学生や技能実習といわれるアジア人がこの数年で急増しています。

日本の場合職不足より働き手不足の深刻化が始まっているので米欧でいま起きているような保守化右傾化のような混乱は直ちには起きづらい土壌にあるものの、タテマエと本音、実態を一致させずにこのままだましだましで行って気付いたら周りがアジア系外国人のほうか日本人より多い、といつた社会になってからだと、いろいろな摩擦に繋がりかねないように思います。
いくつもの点でいかにも日本的ですね。

郷に入っては郷に従えとは言うものの、いつまで日本式のやり方を安い居酒屋チェーンで固守するのか? だから過重労働になるのだし、良いサービスを望むのならもっとお金を払えばいいのです。

外国人アルバイトを増やして、しっかり教育をして… でも彼らは長期滞在する資格を得られるのでしょうか? あるいは、学生ならバイト時間の上限はかなり厳しいはず。その辺のルールは守られているのか? そうでないとしたら、せめて、無理なルールは現実的に改正するよう働きかけるのか?

そして一番心配なのは、人手不足でやむを得ないからと言ってこうしてどんどん外国人頼みが増えていくことです。外国人労働者が増えるのが悪いのではなくて、これからの労働力をどうするのか? 外国人を増やすのであれば社会としてどう対応するのか? そう言った議論をきちんとせずに、なし崩し的に進めてしまうことです。これは誰にとってもハッピーな未来にはならないでしょう。

モグラ叩きを続けるのはもういい加減やめて、企業も日本も、これからどうするのかしっかり考えましょうよ。
最近、よく見かけるベトナム人の方。ただ、ベトナムは今、高い成長率を実現し、1人当たりGDPが約2200ドルです。これが3000、4000となってくれば、日本の外食アルバイトはあまり魅力的に感じなくなる可能性があります。

大学卒業後の就職先として外食産業に入るとしても、現場の店員さんよりも、経営企画や商品開発などに関わりたいと考える傾向が強いのでは無いでしょうか。新興国共通ですが、大卒人材はそうしたポストに就くのが当然と考えられています。

日本の給与水準が全体的にあがらないと、母国でこれから増える給与の高い仕事に魅力を感じる可能性が高いです。すでに、ASEAN諸国では、日本のサラリーマンの平均給与を超えるサラリーの人たちに会うことは珍しくなってきています。1人当たりGDP1万ドルのマレーシアや、6000ドル弱のタイあたりでも、普通の話になっています。両国とももう一段発展すれば、日本の大卒初任給では満足できない水準になる可能性が大きいです。

まして、日本に留学してくる学生は、一定の基準を超えた成績のよい人たちですから、当然、高い給与の職種に就く予備軍です。

外国人頼みといったときに、その外国人の出身国の経済発展が進んだ場合のことを考えないと長期的には解決策にすることが難しいです。飲食業の人出が大変なことはよく分かるのですが、こうした論点が存在しています。

足立さんや北川さん、堀江さんのご指摘も大変重要な視点です。
飲食店やコンビニで外国人スタッフが増えているが、店と人にもよるが、日本人でないことに違和感を感じることは少ない。都内の深夜のコンビニは若いアジア系外国人だけでオペレーションをしている例がけっこうある。対応はしっかりしており、日本人スタッフよりも基本動作に忠実と感じることもある。

たぶん日本人スタッフの発声に「言わされている感」があるのに対して、外国人はもっと素朴に発声していることもあるかもしれない。映画『メッセージ』を観て知った「サピア・ウォーフの仮説」(言語が知覚のあり方をかたちづくるという考え)が当たっていると感じる部分もある。外国人スタッフも日本語を使うことで、日本的知覚、動作、情動を身に着けるようになるのかもしれない。
アルバイトではいつか限界が来るでしょう。政府は一刻も早く留学生を中心に永住権の発給要件の緩和を検討すべきでしょう。
外食業界ではないですが、日本のネット業界では、エンジニアの外国人インターンが増えていると聞きます。

最近では韓国政府が国策で海外で働けるエンジニアを育成しており、彼らに英語や日本語も学ばせることによって、最低限以上のコードが書けるエンジニアが海外で働ける環境を整えているとのこと。日本では慢性的なエンジニア不足なので、取り入れる企業も多いとのことです。
農業分野のように日本人で引き受け手がなくなったブラック労働を「研修」といって外国人におしつけるようなことにならないようにしなくてはならないですね。
本音と建前の国日本。次第に様々な職種でアジアの人々に仕事が供給できるようになってきているのは好ましい動き。それにより一手不足が解消し、日本経済にとって労働力を成長分野に回せるようになれば、経済も回り、更に世界経済に貢献することができる。好循環を生み出すことになる。