新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

208Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
流通の王者、セブンが創業以来始めてのレイアウト変更で冷凍食品売り場を拡大させます。セブンが変われば他社が追随し、コンビニが変わる。コンビニが変われば、我々の食生活が変わります。
おにぎりやサンドイッチが「作るもの」から「買うもの」になったのも、コンビニが売り出したのがきっかけでした。

その意味で、セブンが冷凍食品に本腰を入れ出したという事実は、これからの日本人の食生活がどう変わるかを示唆しているのではないかと思います。
現在、外食や加工食品、惣菜への依存が6割となっており、スーパーや外食産業もカット野菜を仕入れ、最終工程だけを行うようになっています。

従来、市場流通を前提とした家計消費用野菜を中心に展開していたため、外部化(加工・業務用)需要増に対応できず、外部化にともない輸入野菜が増加しています。
http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/03/pdf/ref_data2-15.pdf

供給量や種類の安定的な確保のためには、輸入依存が高まることはしかたがないことだと思います。

しかし、最近は、農産物の生産から流通、販売までを手掛ける国内企業も増えてきているので、「冷食革命」にともない、ますます国内野菜の需要が圧迫されることがないよう、加工・業務需要に対応した国内の生産・流通体制の整備が進むことを期待しています。
心理的な障壁がまだある冷凍食品をコンビニがどう打破するか?内食・中食の大きな転換点になりそうです。また冷凍が一般化すれば、解凍時間待ちが増えるので、複数食品対応のレンジなども必要になってきますね。
この特集は本当に勉強になってます。ありがとうございます。
コンビニ自体が単身世帯の「冷蔵庫」として広がってきたもの。なので、ちょっと足りないものやちょっとすぐ食べたいものを買う場所という使い方が多い気がします。セブンが出しているレトルトのおかずも、その日食べるものをぱっと買う・買い足す人が多いのではないかと想像します。

冷凍食品は買い溜めするものなので、買い溜めするものをコンビニで買うという行動のチェンジへのチャレンジであるように思います。

あとは連載を通して指摘されたイメージの問題は、意外と相当あるように思います。セブンが変えることができるのか、大変注目しています。

とりあえずピカール試食大会をしないといけないなと思いました笑
個人的に、夕食買って帰る時、お弁当買って「これだけじゃたりないかも。」と思って一品買い足そうか迷うことが多い。その時食べられないと忘れて賞味期限切れになること多くて結局買わないことが多い。けれど冷凍食品ならもう一品かうかも。
---
こうした仮説のもと、セブンは2016年末から冷凍食品売り場を拡張した新レイアウトのテストを実施。その結果、冷凍食品の売上増も寄与したことで、変更前と比較して、新レイアウトは1日あたりの売上を3〜4万円押し上げたという。
冷凍食品は待ってました。でも、雑誌を減らし、イートインを増やす方に興味が湧きますね。
セブンから雑誌が消える??
雑誌売り場を40%削減して、冷食の売り場を1.5倍に拡張とのこと。この思い切った意思決定を全国2万店舗で一斉に実施できるのがセブン-イレブンの強さですね。
プラットホームが変わるということでしょう。それ以前に、セブンは店によって、欠品が多すぎ。勝ち組の店になるとこうなるのか。それと、あれから一年以上経過するので、パン売り場も再考してよいのでは。呪縛は消えたのか。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.67 兆円

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカドー、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。TOPIX Core30構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
4.25 兆円

業績