新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

236Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
食べるというのは生きることそのものです。なので何をどの様に食べるかはその人の生き方を表す。SNSでのリア充アピールにおいても食はかなりの位置を占めています。
と、考えたときにやはりその食がいかに「強度」を持っているかが重要で、しばらくはそれがレストランの名前やビジュアルだったりしたのが、もう一段階先に来ていてオーガニックや自然栽培、こだわりシェフ、畑直送、全部自分で手作りみたいな方向にいっていると感じます。
私は今日これから「ダイズを種から育てて味噌作り体験」の第1回種まきを実施しますが、それなりの単価で親子でその体験に参加しようという方は多いです。ちなみにダイズ収穫は11月、味噌仕込みは1月、味噌として食べられるのはちょうど1年後の2018年の初夏です。
この非効率の極みが「強度」を持ち、それに参加することで家族コミュニケーションも促進され、暮らしの豊かさを実感できるというのは大きいと思います。
(工業生産される味噌は2ヶ月ほどでできてしまいます)
もちろん冷凍食品に否定的というこことではなく、むしろもっと普及してもらうことで私のように「食の強度」をサービス化している者の取り組みがインパクトを持ちやすくなるのでむしろ歓迎していますし、業務用冷凍ストッカーも仕事でよく使っています。
専業主婦割合が多かった日本では冷凍食品は確かに「手抜き」のイメージがあるのかもしれません。

フランスはこの点非常に合理的。
無痛分娩も月経を安定させるピルの普及率も世界的にみて非常に高い。

「手抜き」とか「お腹を痛めないと・・」というようなかつての”呪縛”から解放されることが案外女性の社会進出にとって重要な気もします。
ふと思いましたが、手づくり料理も生肉を買っても冷凍して数日後に食べてる。
冷凍食品と変わらない・・・

冷凍食品を活用した料理に特化したクックパッドのようなプラットフォームができたら面白いかも。
冷凍技術もどんどん良くなっている為、大手食品メーカー以外の品揃えも増えてくると思います。そうなると、様々な用途別や業態別、価格帯別とセグメントされて来るので、より便利になると思います。
冷凍食品はかなりよくなりましたが、とはいえ冷凍ではないほうが美味しいものが多い、と基本的には思ってますが、太めのうどんなどは茹で麺より冷凍の方が美味しいことが多く、基本そちらを使います。記事にあるとおり余計なものが入っていないこと、こしなども冷凍の方がしっかりしてます。冷凍食品、コンビニ、色々な分野を定点観測してると味の進化が感じられてとても楽しいです
冷凍食品、美味しい理由に納得!ピカールに行ってみたくなりました。

でもピカールの課題3つ(輸入だから高い、和食が少ない、店舗が少ない)を見たら、なんだ、これから伸び盛りの市場なんだから、日本の冷凍食品メーカー・スタートアップが頑張ればいいだけじゃん!と思いました。
わかりやすい!

そして恥ずかしながら、女性の労働力参加率が日本とアメリカで同程度ということを初めて知りました。(雇用形態の内訳は違うかもしれませんが)

タイのCPが販売している冷凍の海老ワンタン麺は絶品です。バンコクだけでなく、アジアの他の都市のスーパーでもよく見ます。
ピカール、実際にいくと冷凍食品の概念がふっとびます。小売、サービスで生産性を高めようという流れで同社の取り組みは興味深いところも多々
おもしろい。コストコとか、イケアの冷食も変わったものが多くて気になる。実際に買うのは、セブンイレブンの冷食だけども。
Newspicksならではのまとめ。勉強になりましたー
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート